« 逆回転 | トップページ | B系 »

プラス

IIHS(Insurance Institute for Highway Safety,米国ハイウェイ安全保険協会)
実施・公開している自動車アセスメントにおいて,
やっと新型フォレスター(2014MY)の全ての結果が公表されました.

IIHSでは昨年秋以降に従来の衝突試験形態に
SOL(Small Over Lap,25%オフセット衝突)テストが新たに追加されています.
従来衝突試験形態で安全な車には“Top Safety Pick”というお墨付きがもらえるのですが,
今度はSOLも含めて安全な車には“Top Safety Pick +”と「プラス」がつくことになりました.
IIHSでは既に年初に新型フォレスターの衝突試験をSOLも含めて実施していたのですが,
カテゴリー(フォレスターはsmall SUVs に属する)毎にまとめて公表するという方針のためか
当初はSOLの結果には触れずに単に“Top Safty Pick”に留まってました
そして,ここにきてようやくSOLの結果まで含めての公表に至ったということです.
 
で,結果は(実は最初から知っていたのですが)…
SOLもgood(最高評価),全部最高評価で“Top Safety Pick +” 獲得です\(^o^)/バンザーイ
そのうち,多くの日本のメディアでも紹介してくれるでしょう.
まずはこちらですかね.
追加で,Responseにも出てますね.
 
フォレスターのような幅の広くないsmall SUVsにとって,
このSOLっていう全幅の25%しかバリアにぶつからない衝突試験ってのは
フロントフレームがバリアをすり抜けてしまって衝突エネルギーを受け止められず,
Aピラーやサイドシルがもろに変形して乗員の傷害値が上がりやすいんです.
しかも,幅の狭い車で室内空間を広くしようとすれば,
乗員は相対的に外側に座ることになり,
タイヤ&ホイールやフロントサスがバリアに押されて乗員に迫ってくるため
余計に乗員の傷害値が上がりやすくなります.

つまり何が言いたいかというと,
フォレスターのようなsmall SUVsカテゴリーの車で,
ちゃんと室内空間や視界を確保した車で,
SOLでgoodを取るってのは大変なことなんです.
ましてや,このSOLの試験法が最終的に決まったのはついこの間ですから.

事実,small SUVsのカテゴリーでSOL goodが取れたのは
唯一フォレスターだけですから.
 
と,ちょっと,いや かなり自慢話的な記事になってしまいましたが,
ここについては本当に大変だったし,
皆も本当に苦労してやっと実現できたことなので,
ちょっとだけ感傷的になって,そしていい気になって書かせていただきました.

※ちょっと手違いでリンクが開かなかったり,
 また途中で大半の記事が消えちゃって書き直したりとご迷惑をおかけしました.

|

« 逆回転 | トップページ | B系 »

コメント

おめでとうございます!
成果がしっかり評価されて、良かったですね。

スバルファンとしても、富士重工業のこういう真摯な開発現場の話を聞けて嬉しいです。

各メディアにも、これからバンバン紹介してもらいましょう!( ̄ー+ ̄)

投稿: ぶらっと | 2013-05-17 08:51

p.s.
書き忘れました。
この記事と逆回転の記事で、リンクがおかしくなってませんか?(^^;)

投稿: ぶらっと | 2013-05-17 08:56

>ぶらっとさん

ホンダさんのF1復帰の話題の陰に隠れてしまった感は強いですが,
まぁいいでしょう.
アメリカでの話ですしね.

また,リンク不備のご指摘ありがとうございます.
新しいタブで開くようにリンクしたのですが,
どうも今までやっていたのと勝手が違ってしまっていて失敗してました.

投稿: JET | 2013-05-17 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/57396557

この記事へのトラックバック一覧です: プラス:

« 逆回転 | トップページ | B系 »