« 半世紀記念 | トップページ | チキンマグ »

歩行者用信号機

先日,自転車でスクランブル交差点をどう走るかってなギモンの前に
自転車で乗ったまま横断歩道を渡って良いかどうかってなことを書きました.
まぁ,結論は自転車に乗ったまま横断歩道を渡っても違反ではないといううことですが,
スクランブル交差点の議論をする前にもう一つ,
自転車はどの信号機に従うべきなのかをはっきりさせておく必要があるでしょう.
そうです,スクランブル交差点への道のりは遠いのです(笑)

先ずは信号機ってものから理解しましょう.
道路交通法の施行令第2条の規定によれば,
「信号機の表示する信号の種類及び意味は、(中略)
 信号機に対面する交通について表示されるものとする。」
となってます.
要するに自分の交通に対面している信号機に従うことが原則になります.

一方,「歩行者用信号」とか「歩行者自転車専用信号」ってなものがあります.
「歩行者用信号」とは歩行者専用なのか?
つまり,歩行者はこれに従わなければならないのか,
また,歩行者以外はこれに従ってはいけないのか?

「歩行者自転車専用信号」とは自転車もこれに従わなければならないのか?
自転車は他の信号に従ってはいけないのか?

歩行者が交差点を横断するとき,
横断歩道があればそこを通らなければいけないわけですが,
そこに対面する「歩行者用信号」があればその信号に従わなければなりません.
他の信号,例えば車道にある信号に従ってはいけません.
まぁ,常識ですね.
「歩行者用信号」の代わりに「歩行者自転車専用信号」でも同じです.
「歩行者用信号」も「歩行者自転車専用信号」もなければ,
対面する車道にある信号に従うことになります.
まぁ,これも常識ですね.

次に,自転車が自転車通行可の歩道や路側帯を徐行してきて交差点を横断するとき,
自転車横断帯があればそこを,なければ横断歩道を通ることができるわけですが,
その自転車横断帯もしくは横断歩道に対面する「歩行者自転車専用信号」があれば,
自転車はそれに従わなければなりません.
車道にある信号に従ってはいけません.
まぁ,ちょっと考えれば常識的ですよね.

では,「歩行者自転車専用信号」ではなく「歩行者用信号」だったらどうでしょうか?
この場合,大抵は自転車横断帯がなく横断歩道だけがある構造になってますが,
先日述べたようにそれでも自転車に乗って横断歩道を通ることは
合法的に認められています.
そして,この場合でも対面する「歩行者用信号」に従わなくてはいけません.
車道にある信号に従ってはいけません.
車道の信号が青のままでも,歩行者用信号が赤になったら渡り始めることはできません.

この辺のことになると,巷ではあちこちで怪情報が書かれていたりします.
例えば,
「自転車は車道の信号に従わなくてはならない.歩行者用信号に従ってはいけない」とか,
「自転車は歩行者用信号に従う時は降りて自転車を押して歩かなければならない」とか.
これらはみんなウソです.

再度書きます,
自転車は乗ったままで横断歩道を渡れます.
その時は対面する歩行者用信号に従わなければなりません.

じゃぁ,原則に法り車道(の左端)を走行してきた自転車はどうでしょうか?
奥まったところ(手前?)に横断歩道があるようなよくある典型的な交差点の場合,
車道を走行してきた自転車にとっては対面する信号とは,
車道にある信号と見なすことになります.
横断歩道に対面した「歩行者用信号」や「歩行者自転車専用信号」は
車道走行している自転車に対面している信号とは言えません.
なので,「歩行者用信号」にも「歩行者自転車専用信号」にも従う必要もありませんし,
従ってはいけないことになります.

つまり,車道走行してきた自転車は,
その交差点の奥まったところに「歩行者自転車専用信号」があったとして,
それが赤になったとしても,車道の対面する信号が青ならばそのまま通ります.
逆に,歩車分離式信号などで,たとえ「歩行者用信号」が青であっても
車道の信号が赤ならば交差点内に進入することはできません.

これも巷にはウソ情報がまことしやかに書かれていたりします.
「歩行者自転車専用信号があるところでは自転車は車道の信号ではなく,
 その信号に従わなければならない」とかね.これも真っ赤なウソです.
車道走行してきたのなら,対面する信号=車道の信号です.
みなさん,分かりましたかぁ?

|

« 半世紀記念 | トップページ | チキンマグ »

コメント

たまにいますよね、車道を走ってきて赤信号で停止した車の脇をすり抜け、歩車分離のスクランブル交差点を歩行者と一緒に渡った後で何事もなかったかのように車道を走り去る自転車。(--;)
本人は要領良く走ったつもりかもしれませんが、端から見ていて格好悪いなぁと思ってました。

ただ、マジメにルールを守るのも難しい、というよりルールそのものが分かりにくい現状を何とかしてほしいとは思います。

投稿: ぶらっと | 2012-09-19 08:40

>ぶらっとさん

車道走行してきた自転車が交差点の横断歩道に入るのはスクランブル交差点でなくても明確に禁止はされてないと思います.

実際,ボク自身右折する場合には,
直進側信号が赤・直交する側が青ならば交差点手前の横断歩道を使って右側に渡った所で信号待ちし,
直進側というか左折する形となる側の信号が青になったら横断歩道を使って渡った後に
右へ向かい車道左側走行をする,という走り方をします.
もちろん,歩行者が入れば歩行者優先ですが.

自転車は歩道走行可(というか以前はむしろ積極的歩道走行の推奨)とか2段階右折とか日本独自の変なルールを作るから,自転車を曖昧なというか分かりづらい存在にしてしまったのだと思ってます.

投稿: JET@会社 | 2012-09-19 22:43

そうなんですね。
難しいです。(;´д`)

まぁ、曖昧さを許容するのも“日本の文化”とも言えますからね。
事故らないように気を付けて、上手いこと付き合うしかないんでしょうね。

投稿: ぶらっと | 2012-09-20 08:40

>ぶらっとさん

曖昧さを許容するのも“日本の文化”,というのも功罪ありますからね.
個人的にはその「曖昧さ」は必要だと思う派ですが,
ルール(法律)が曖昧なのは困りもんですよね.

ルールはその根底にある思想・道徳に基づき厳格に整合していること,
ただし運用は杓子定規ではなくケース・バイ・ケースというか
自己責任において個人の判断に委ねる部分はあって良い,
しかし何か事がおきた場合にはルールに厳正に白黒はっきりさせること.
それが必要だと思います.

ただ,日本は思想・道徳も曖昧だし,結果も白黒はっきりさせませんね.
そこは大きな問題でしょう.

投稿: JET | 2012-09-20 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/55279843

この記事へのトラックバック一覧です: 歩行者用信号機:

« 半世紀記念 | トップページ | チキンマグ »