« これでもCR? | トップページ | らーたん »

自転車横断帯

さて,随分前に「横断歩道」について書いたのですが,
その流れで今回は「自転車横断帯」です.
スクランブル交差点からは遠ざかってしまいますが,
関係ないわけじゃないのでちょっと寄り道ということで触れておきますね.

しかし,これが日本の自転車交通にとって一番やっかいな問題なわけです.
のっけから言うと,これはボクが知らなかったというよりも,
実はどこにも明快かつ統一された見解はないという,
いかにも今の日本の“曖昧模糊”とした自転車交通ルールの象徴のようなものなんですね.

先ず,道路交通法では,
普通自転車で道路を横断しようとする際,付近に自転車通行帯がある場合には,
この自転車通行帯を通らなければならない.
となっています.

“付近”ってどんくらい? という質問の答えとしては
およそ30mとか50mとか,まぁそんくらいの距離みたいです.
もっとも,これ自体は問題ではありません.

道路の反対側にあるお店の駐輪場に行くために道路を渡ろうとしたら,
近くに自転車通行帯があるならそこを渡りなさい.ってなところです.
数10m遠回りになる場合もあるでしょうが,そんなに面倒なことでもないですし,
なにしろ(信号機のない)自転車通行帯を渡るのは
車道を走る自動車よりも優先されるので,
自動車を停めて(現実にはなかなか停まってくれませんが),
待たせて,悠々と自転車通行帯を渡ることが出来るのですから(笑)

ところが問題は,
普通自転車で交差点を通行しようとするときに,
交差点付近に自転車横断帯がある場合にも,そこを通らなければならない.
となっている点です.

原則に則り車道走行をしている自転車は,交差点を真っすぐ直進する場合でも,
この大抵は左奥の横断歩道に隣接して設置されている自転車横断帯を走れってか?
いや~,そりゃ無理があるでしょう.

 
一旦,左折するように左に曲がって,自転車横断帯に入り,
歩行者自転車用信号機に従って自転車横断帯を渡り,
この際(徐行もせずに)左折してくる自動車がいるかもしれないし
対面する自転車がいるかもしれないし(ここでは左側通行は適用されない),
行儀の良くない歩行者が入り込むかもしれない(歩行者は努力義務).
そして,極めつけはその後どうやって元の車道に戻れというのか.
車道を走る自動車側からみたら,直交する道路の左側から
信号無視して左折して割り込んでくるのと同じことになりますからね.

結局,交差点の横断歩道脇に設けられた自転車横断帯は,
歩道走行してきた自転車が車道を横断して,
また歩道走行を続けることしか念頭においてない,
過去の自転車交通政策の失敗の産物でしかないわけですよ.
こんなものにまとな解釈してたら命がいくつあっても足りません.

というわけで,ボクはこの交差点の自転車横断帯,
交差点を直進走行するときは一切無視して走ってます.

まぁ,最近は警察庁も自転車の車道走行の原則への回帰の方向ですし,
それにともない自転車横断帯のあり方の見直しも検討しているようですけどね.

ちなみに,以下のような解釈をしている方(団体?)もいるようです.
・車道走行から自転車横断帯に入るには一旦左折しないと入れない.
・左折するには30m手前から左折の合図を出さなければ左折してはいけない.
・30mより手前で自転車横断帯があることが認知できなければ,
 合図を出して合法的に自転車横断帯に入れないのだから,
 交差点“付近”に自転車横断帯があるとは実質的に言えない.
・交差点“付近”に自転車横断帯がなければそのまま交差点を直進できる.
・故に,ほとんどの交差点では自転車横断帯を通らずに交差点を直進できる.
まぁ,詭弁に近い気もしますが,そもそも間違った施策をもとに
現実に走行不能な法律と道路構造を生んでしまったことに問題があるわけですから,
当面は詭弁でもなんでもこのように解釈していこうというのもひとつの意見でしょうね.

|

« これでもCR? | トップページ | らーたん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/55078125

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車横断帯:

« これでもCR? | トップページ | らーたん »