« 東八自転車道? | トップページ | ポスト »

シルクの舌触り

本日も栃木県の某テストコースで休日出勤 (*_*;

朝から雨で憂鬱だなぁと思っていましたが,
幸いなことにすぐに雨は上がってあまり降られなかったので,
逆にピーカン熱帯地獄にならずに済んでラッキーでした.

ってなわけで,昼間の麺紀行は出来なかったのですが,
夕方の帰りがけに佐野ラーメン,行ってみました.

A120721_01
「絹屋」というラーメン屋さんです.
1980年創業となってますけど,今までノーマークでした.

A120721_02 A120721_04
そもそもメニューそのものが比較的シンプルですが,
定番的に「ラーメン+ギョーザ」をオーダー.

出てきたラーメンは深口のどんぶりの中に黄金色のスープが輝く
見るからに「美味そう」なもの.
おぐら屋などの佐野ラーメンに代表されるような口の広いどんぶりに
口切りいっぱいこぼれんばかりにスープを入れるのはインパクトはありますが,
食べにくいしそのくせ冷めるのが早いので,
あまり理にかなってないと思うんですよね.
特に佐野ラーメンは具沢山じゃないし,油も少ないですからね.

で,スープがきらきら“輝く”ってことは佐野ラーメンにしては油がやや多めということです.
実際に味も油も佐野ラーメンにしてはやや濃いですが,
それでも十分にさっぱりあっさり,でも旨味いっぱいで食べやすい.

麺はやや太いというか,かなり太いのもあって不揃いですが,
モチモチっとしていて舌触りがつるっつるで,美味い!

最近こってり系のラーメンが多かったということもあって,
最後の一滴までスープを飲み干せて大満足でした!(^^)!

餃子もとってもジューシーで,これまたごちそうさまでした.

|

« 東八自転車道? | トップページ | ポスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/55247943

この記事へのトラックバック一覧です: シルクの舌触り:

« 東八自転車道? | トップページ | ポスト »