« AHA | トップページ | KQ »

車両通行帯

「車両通行帯のある道路」って,要するに片側2車線以上ある道路のことです.
中央線があって片側1車線づつの対面通行や,中央線すらない道路,
一方通行で1車線しかない道路は「車両通行帯のない道路」です.

自転車レーンやバスレーンのある道路や,
交差点手前で右折レーンや左折レーンのある部分も
「車両通行帯のある道路(部分)」です.

では,このような「車両通行帯のある道路」では
自転車はどこを走れば良いでしょうか?

先日,オルオルで左折レーンを走ってパンクしたと日記に書いたように,
自転車は第1通行帯,つまり一番左側の車線を通行しなければならないのです.
直進するのにも左折レーンを走らなければならないわけです.
バス専用レーンがあってもそれが第1通行帯ならそこを走らなければならないわけです.
走ってもよいということではなく,それ以外を走ってはいけないということですね.

ってことも日本では周知徹底されていない節があるようで,
つくづく日本の交通ルール,ことさら自転車に関する交通ルールは
あいまいな認知しかされていないなぁと思う今日この頃です.
もっともこの規定は自転車だけでなく,原付や小型特殊でも同じなんですけどね.

 

が,しかし!

かくいうボクも実はよくわかっておらず,ついこの間まで間違った認識をしていました!

自転車は道路の左側端寄りを通行しなければならないとされてます.
片側1車線の道で車線を塞ぐように真ん中を走るんじゃねぇということですね.
ごもっともです.当然こんな初歩的なことは知ってますよね.

そして,ここが今日の日記の肝ですが,
自転車は車両通行帯のある道路では第1通行帯を通行しなければなりませんが,
第1通行帯の左側に寄らなければならないと規定されていない.
つまり,片側2車線以上の車線のある道路では
自転車は一番左の車線内のどこを走っても良いということです.
ボクが屁理屈を捏ねているわけではなく,そのように解釈すべきとのことです.

追い越しは右側の車線(車両通行帯)に車線変更して遂行するのが基本なので,
自転車が左端に寄って同じ車線内で自動車を優先して先に行かす必要はない,
ということのようです.

なので,自転車で交差点直進するときに左折レーンがあっても
左折レーン内の中央や右側を堂々と走っていけば良いということです.
その方が,下手に左折車に巻き込まれそうになったり,
左折レーンが無くなった部分で汚れた道路を走るはめになったりせずに
安全に安心して走れる場合も多いでしょう.
もちろん状況によりけりですが.

もうひとつ ちなみに,交差点およびその手前30mは追い越し禁止です.
たとえ自転車が相手でも止まっていないかぎりは追い越し出来ないのです.
これを守ってくれれば自転車の左折巻き込みなんてほとんど発生しないんですけど,
大半の自動車は平気で追い越していきますよねぇ.

いや~,それにしても自転車からみの交通ルール(道交法)はあやふやですなぁ.
皆さん,知ってました?
ボクが知らない交通ルール(道交法)はまだまだあるかも.

|

« AHA | トップページ | KQ »

コメント

クルマを乗るのをやめて久しいですが、自転車も乗るのをやめたほうがいいような気がしてきました。

投稿: siro | 2012-06-27 19:32

>siroさん

まぁ,何に乗っても,何処にいても,危険はありますからねぇ.

投稿: JET | 2012-06-27 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/55001474

この記事へのトラックバック一覧です: 車両通行帯:

« AHA | トップページ | KQ »