« コメット・インプレ | トップページ | LEDマグ »

Yakisoba

まだまだアメリカ出張のときにスーパーマーケットで買ってきたカップ麺があります.

B120305_07 B120305_06
今度はmaruchan(マルちゃん)です.牛と鶏.
名前も「Yakisoba」だし,「Japanese Noodle」って書いてあるから
今度こそまともな味じゃないかと期待もできるというもんです.

まずは牛さん,テリヤキ・ビーフ味から試してみましょうかね.

B120310_02
調理方法はNISSINのと同じく,水を入れて電子レンジで加熱するタイプ.
こちらは1000Wで4分と少し短めで,1分蒸らし(?)をしろとなってます.
蒸らしなのか安全(PL対策)のため少し冷ますのか分りませんが...

B120310_03
麺はまぁまぁの細さで丸断面で少し縮れも入っているので,
日本のカップ焼きそばと似たような感じですね.
キャベツもそれなりの存在感で入っているので,確かに見た目は焼きそばです.

しかし,やはりベチャベチャ麺でした.
水を少なめに入れたのですが,
すると水に浸からない部分が出来てしまい,
乾燥したままになってしまったので,
ひっくり返して再度電子レンジで加熱する羽目に.
上手くいきませんなぁ.

味付けもテリヤキなので,やっぱり甘過ぎでした.
しかもやっぱり脂っ濃い.
ソースは粉で脂は入ってないので,乾麺を揚げた脂分が強いんでしょうね.

 
最後に残ったチキン味くらいはせめてもう少し美味しく食べてみたいです.

そこで,電子レンジ調理を見切って,
日本式に沸騰した熱湯をたっぷり注いで,
2分30秒で蓋のフィルムに幾つも孔を開けて湯切りして作っちゃいました.

B120311_01
これが,正解!

ごく普通の日本のカップ焼きそばの麺が出現しました.
ちょい固めに均一に出来上がってます.
もちろん,ベチョベチョになんてなってない.
脂っ濃過ぎて閉口することもないし,
元々が塩味なので甘ったるくもない.

結論,日本のカップ焼きそばの湯切りシステムは素晴らしい!
なんでもかんでも電子レンジでやればいいってもんじゃないんだよ(笑)

|

« コメット・インプレ | トップページ | LEDマグ »

コメント

ほう、あちらでも「やきそば」通用するんですか・・・。

それよりスクープされた車かっこよさげでしたねぇ・・・。

投稿: おおたけ | 2012-03-16 09:08

>おおたけさん

日本食レストランとかなら「やきそば」は通用するんでしょうね.

日本食や日本文化に興味のないアメリカ人に対して「やきそば」と言っても通用しないと思いますが...

で,それは…ノーコメントで(汗)

投稿: JET | 2012-03-16 20:05

日本の湯切りシステムはすごいんだなぁ。。。
アメリカ人に熱湯を扱わせると
すぐにヤケドして訴訟問題になりそうだから
電子レンジ向けばっかりになっちゃうんでしょうかねぇ?(^^;
水分が飛んでパサパサになるのに。。。

投稿: てず | 2012-03-16 20:41

>てずさん

やっぱりアメリカだと訴訟問題が怖いんでしょうね.

投稿: JET | 2012-03-17 05:43

チキンフレーバーおいしいと思いますよ。僕がアメリカで初めて食したカップめんです。
そんな食べ方があったんですね。律儀に説明書どおりに作ってました。今度試してみましょう。

投稿: あだち | 2012-03-17 13:46

>あだちさん

アメリカに居ると熱湯作るのが大変かな?
熱湯作るのに電子レンジ使ったりして(笑)

アメリカに居る間に是非色んなカップ麺を試してみてください.ってね.

投稿: JET | 2012-03-17 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/54198675

この記事へのトラックバック一覧です: Yakisoba:

« コメット・インプレ | トップページ | LEDマグ »