« 何気に気になる | トップページ | 再び飛駒コース »

赤G決着

 全然納得いく結末ではないですが,事故の赤Gの補償が決着しました.

 

 先ず,過失割合については,ボク側40%:相手側60%となりました.
 
 最初は相手側が信号が青から黄色に変わる前と嘘を言っていてボクは記憶が無いので,その時点では ボク側80%:相手側20%でした.ここがスタートライン.

 それから,赤Gのドライブレコーダーの画像で双方ともに赤信号での交差点進入だったという事実を伝えて,50%:50%のイーブンに.
 この時点では相手側は速度超過は無かったとまたまた嘘を言っていました.

 事故の原因としてもちろん双方の信号無視があるのは事実ですが,相手側の大幅な速度超過も事故原因としてかなり大きな意味を持っていると考えています.
 というのも,事故当時の記憶はないものの,ボクが右折開始する前に相手車両を確認したときにはボクよりも交差点のかなり遠くにいたはずで,おそらくボクはそのタイミングから相手車両は明らかに赤信号だから止まるだろうと判断したか,ボクの方が先に右折してしまうだろうと判断したと思われます.しかし実際には,相手車両が大幅な速度超過していたためにボクが右折先の横断歩道上の歩行者や自転車を確認している間に相手車両は交差点に進入し衝突するタイミングになってしまったと思われるわけです.あくまでも推測の域を出ませんが.
 もしかしたら,相手車両は交差点前で黄色信号を見てから全開加速したのかも知れません.だとするとなんとなく合点がいきますし,もしそれが事実だとしたら相当に悪質だということになりますが,何も証拠はありません.
 
 また,お互いの車がこれだけクチャクチャになるほどの大きな事故になったのは,両車の衝突時の相対速度が非常に高かったからで,つまり相手側の大幅な速度超過が原因と言えます.ちなみに,ボクは赤Gで交差点を右折しているので,そんな旋回Gで右折できるわけもなく,20km/h程度しか出ていないのは明らかです.

 というわけですから,相手側の速度超過は無かったという嘘を聞き逃すことは絶対に出来ません.銭の問題ではなく,ボクのメンツの問題です.
 そこで,再度ボクの加入している任意保険のA損保に,相手車両が大幅な速度超過をしていたと推測される根拠を整理して伝え,相手車両が40km/hそこそこで走行していたとしたら矛盾だらけなことを相手側のB損保に突きつけて交渉してもらうことにしました.
 けど,その時にボクが「最低でも40%:60%でないと納得できない」と言ったことがアダになってしまったようです.

 相手側が何km/hであったかという事実よりも,A損保は最初からその着地点を目指して交渉を再開してしまったのです.相手側の損保も事実が何かではなく,交渉ごととして「じゃぁ40%:60%(相手側から言うと60%:40%か)でなんとか決着を,シャンシャン」てな感じでしょうか.
 まぁ,それでもこの過失割合から逆に相手側はやっとそれなりの速度超過の非を認めた,そして当初は嘘をついていたことを認めたと言えるのですけどね.

 

 一方,ボクの赤Gの時価額の方ですが,こちらも理屈そっちのけです.
 前回書いたように一番最初は40年落ちの大古車ってわけで約2万円からスタート.その後に5年前にボクが中古車として購入した領収書を提示して,それはそれとして認めてもらったものの,“そこから新車購入と同じ割合で価値が下がる”という全くの筋の通らない屁理屈で20数万円となり,ボクが色々とオークションも含めて市場流通価格を調べてA損保に情報提供し再交渉してもらいました.
 
 で,相手側のB損保から返ってきた答えが,「じゃぁもう少し頑張ってさらに10万円上乗せしましょう,これ以上は無理です」(呆)
 値引き交渉してるんじゃないんですよ.最初はさも計算式で決まってます的なことを言い出しておきながら,最後はどんぶり勘定かよ.どうせなら,40年前の物価指数とか持ち出してきてきちんと筋の通った回答しろよな...とか,要求してもこりゃダメだね.
 A損保にしても,A損保が払うお金はタダ同然の相手の軽自動車の時価額×相手側の過失割合なので,赤Gの時価額が幾らだろうが全然関係ないからみしめて交渉してくれてないようだし.
 ここはもう単なる銭の話だけなので,理屈の通らない相手とダラダラと交渉する気にもならないから,この線で手を打つことにしました.

 というわけで,過失割合はボク側40%:相手側60%,赤Gの時価額は30数万円ということで決着です.あとは,書類上の手続きをすれば銭をもらえます.それで終了.

 

 ただ,ボク自身の方,医療費・慰謝料は未だ支払われないんだよなぁ.

|

« 何気に気になる | トップページ | 再び飛駒コース »

コメント

心中お察し申し上げます。
私も過去の事故で、保険会社と事故相手に納得のいかない対応をされ、非常に不愉快な思いをしました。
一括りにするのは問題ありますが、保険会社ってのは、これで商売して利益を上げて生活しているわけですから、
JETさんとは異次元の人達だと思います。
それよりも事故相手は許せませんね。
保身のために事実を捻じ曲げるとは。

投稿: はら坊 | 2010-09-17 21:51

 お疲れ様でした。としかいいようが無いです。

 本当に通り魔にあったようなもの。

 命があって本当によかったと思いますよ。

 しかし相手は最低のヤツだな。

投稿: TOMO | 2010-09-17 23:02

取り敢えず決着がついて良かった?ですね。
とに角早く示談へ持って行きたいのが保険屋ですから、杓子定規に査定してこちらの車に対する愛情とか全く考えてくれませんよね。

ほんと死ななかったから良いか・・・、って考えるしかないかも

投稿: きき | 2010-09-18 09:09

>はら坊さん

ボクの保険屋さんにとっては幾ら頑張っても相手側に支払う額はほとんど変わらないですからね.
手間だけ損するということでしょう.

まっそれは分かっているんですけどね.

投稿: JET | 2010-09-18 09:32

>TOMOさん

相手の運転手がそう言っているのか,相手側の損保がそういう交渉術を使っているのか,そこは分かりませんけどね.

ただ,会社の上司が相手運転手さんをお見舞いに行った時に,その人は「おれの方が悪かった」と言っていたそうですから...

投稿: JET | 2010-09-18 09:36

>ききさん

まっ保険屋も商売ですからね.

ただ,最初に相手側損保の出してきた時価額に対して,
「このクルマは旧くて貴重なクルマだと思いますので,この金額では当然納得していただけないですよね」と言い出したのはボクが加入している損保です.

まっ,そこだけは救われたかな.

投稿: JET | 2010-09-18 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/52309241

この記事へのトラックバック一覧です: 赤G決着:

« 何気に気になる | トップページ | 再び飛駒コース »