« 明日より北京 | トップページ | AKB 48 »

電池1本200ルーメン

B100505_02
近所のホームセンターで目にとまったので,ついつい買ってしまいました.

電池1本と言ってもCR123Aなのでちょっと太めですし,電池入手もちょっと面倒です.
ただ,互換タイプのリチウムイオン電池があるからそれを使えば経済的ですかね.

フォーカスコントロールが付いているのは便利なんだろうか?

 

それでは,ボクにとってのLEDフラッシュライトの原器である
フェニックスL2D-CE(Q5)と比較してみましょう.
15mくらい離れた道路の中央分離帯を照らしてみます.

B100523_01
右側が今回購入したドミネーターDC-109Fでフォーカスコントロールを最もスポット側にした状態,
左側がフェニックスL2D-CEです.
中心部分はDC-109Fの方が明るいですね.

B100523_02
DC-109Fのフォーカスコントロールを最もワイド側にするとこんな感じになります.
これではちょっと暗すぎですかね.
自転車に乗るときに使うにはフォーカスコントロールを巧く調整してやれば,
L2D-CE以上に使えるかも知れません.
普段は夜間走行しないけど,いざと言うときのためにライトを携行して
自転車に乗るようなときにはこのLEDライトは重宝するかもね.

|

« 明日より北京 | トップページ | AKB 48 »

コメント

>>互換タイプのリチウムイオン電池があるからそれを使えば経済的
>>DC-109F
 WAMAのものを以前どっかの販売サイトで確認してみたら、ジェントスシリーズの中には対応できず、なものもあり、しかも301世代のものしか確認結果がでていなかったので、エネループOKとメーカが謳っているたった160ルーメンでしかもデカイDC-105Fにした私はやはり敵前逃亡の負け犬でしょうか。

投稿: siro | 2010-08-06 07:55

>siroさん

勝ち負けじゃないから良いんでは?

使い道によって何が良いかは違ってくるし,
ある程度以上は単なる自己満足の世界ですし(自爆)

投稿: JET | 2010-08-10 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/52309285

この記事へのトラックバック一覧です: 電池1本200ルーメン:

« 明日より北京 | トップページ | AKB 48 »