« 事故処理アレコレ その1 | トップページ | 湯楽の里 »

事故処理アレコレ その2

昨日に続いてのネタになりますが,今日はクルマの方についてです.

例によって相手側の車両についてはボクの任意保険会社(A損保)が全て対応してくれています.
赤Gがはじかれてぶつかった街路灯の支柱の修理についてもA損保が対応してくれてます.
昨日書いたように,事故直後はボクが加害者側ということになっていたので,
A損保は全てを仮払いしていたようです.
問題は赤Gの方です.

その赤Gは,既に日記に書いたように廃車しました.永久抹消登録をしております.
車検の残りが約1年ありましたから,自賠責保険と重量税は戻ってきます.
自賠責保険は既にボクの銀行口座に戻ってきましたが,重量税はまだです.
自動車税も今年度分は一度支払っているのですがその大半は戻ってくるはずなんですが,
未だに戻ってきません.どうなってるんだろうか?

 

で,赤Gの補償についてですが,
ボクは車両保険には入っていないので相手側の任意保険(B損保)の対物賠償から貰うしかないわけで,
その額は赤Gの時価額(残存価値)×相手側の過失割合ということになります.
この示談交渉についてもA損保にお任せすることになるわけですが,
最初にB損保から提示された赤Gの時価額は約2万円成り.
ある程度は覚悟はあったものの,さすがに Oh! No!って叫びたいほど.

これじゃあまりに寂しいし赤Gに対しても申しわけないので,
一応ボクが5年前に赤Gを購入したときの注文書の控えをコピーしてA損保に送付しました.

それをB損保に提示して返ってきた答えが,事故時点での時価額は約20数万円となりました.
その理屈は5年前の購入時点での価値は注文書の額そのものであると認めた上で,
そこから5年経っているからそこに新車の価格下落率を当てはめて計算したということだそうです.

それって,屁理屈じゃないですか? 
35年も経った中古車が新車当時よりも高い価値がある(あくまでも現在の金額ですが)
ということを認めていながら,一方でその後の5年間は新車と同じように価値が下落するっていうのは,
筋が通ってないですよ.
35年間新車の状態で倉庫に保管されていた車とか,
新車と同等がそれ以上に完璧にレストアされた状態で5年前に購入したのなら
その理屈も通りますが,
むしろボロボロの状態で購入してそれなりに手を入れてきたわけですからね.

というボクの意見とともに,
ネットで調べた幾つかのスバル1000やff-1系の市場流通価格の情報をA損保に送り,
B損保と交渉してもらうことにしました.

さぁ,どんな結末になるでしょうかねぇ.
 

それと,もうひとつ大事な過失割合ですが,
これも事故直後からボクが加害者ということになっていて,
ボクの記憶がなかったこともあり暫くその状態でいろいろな物事が進んでいってしまいました.
何事でも後から是正するのは苦労するもんです.
 
信号のある交差点での右折車と直進車の事故の一般的な過失割合は
右折車80:直進車20です.
一般的なというのは信号が青ということです.
どうやら,相手側は信号が青から黄色に変わる直前だったと主張しているようです.
 
まぁ,B損保としては(こっちが事故時の記憶が無いということも知っているだろうから)
そう言うのは分からないではないですが,
それでもやっぱりそういう嘘をしゃあしゃあと言われるとちょっとカチンと来て,
なあなあ・シャンシャンで済まそうとは思わなくなるものです.

ドライブレコーダーの動画から信号は赤になっていたこと,
また双方の車両の損傷具合から衝突相対速度が100km/h以上はあると推定されることと,
事故後の双方の車両の動きから運動量保存の法則にて相手車両が最低でも80km/h以上,
つまり制限速度の2倍以上で走行していたと推定されること,
これらのことから過失割合は赤信号で50:50,
さらに大幅速度超過(30km/h以上)で20%増であるから相手側70:ボク30であることを主張します,
とA損保には伝えました.
同時にドライブレコーダーの動画も送りました.

こちらもあとは保険屋同士の交渉に任せるしかありませんが,
さてさてどんな結末になるでしょうかね.
確かなことは,解決までにまだまだ時間がかかるってことだけです.

 

本日はボーナス支給日なので,まぁ些細な銭の話はどうでもいいかっ,
てな太っ腹な気分にもならないことはないんですけどね(笑)

|

« 事故処理アレコレ その1 | トップページ | 湯楽の里 »

コメント

責任割合が気になるところですね。
動画という動かぬ証拠があると思うのですが・・・。

投稿: おおたけ | 2010-07-02 19:40

 こんばんは。

 何より元気な御様子で安心しました。

 私の車も一台はC車は21年経ちますし
(こっちは交渉しても車両保険は、最低額でした..。5万円。
保険金の方が高いかも...)
入れていません。

 もう一台の方はぶつけてもぶつけられてもと言う事で、
入れられる限度額(普通の所ではなく、専門店で735万)入れています。
これは自分がぶつけたと言うより、ぶつけられた時に
取れる額と言った方が正しいと思います。
 誰も17年落ちの国産車がそんな価値が有るとは思いませんから...。

 貴重な車が無くなったのですからそれなりの保証を
しても良いと思いますけど、日本では車に価値があるとは
認識されないのでしょうね。

 ご自愛ください。

 12時間では宜しく!

投稿: チビ太 | 2010-07-02 23:04

>おおたけさん

動画などを元にした交渉は始まったばかりなので,今後の展開を楽しみにしていてください.
ってね.

いずにしても,ボクにもそれ相応の過失があるのは事実ですから,大きな顔はしてられないですm(__)m

投稿: JET | 2010-07-03 03:28

>チビ太さん

旧車の価値については,まぁある程度は覚悟しているというか,諦めている部分もあるんですけどね.
ただ,相手側の保険会社に対しては「筋の通った理屈で提示しろ」と言いたいですね.

投稿: JET | 2010-07-03 03:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/52309323

この記事へのトラックバック一覧です: 事故処理アレコレ その2:

« 事故処理アレコレ その1 | トップページ | 湯楽の里 »