« 補助金もらいたい | トップページ | 事故現場 »

最期の画像

というわけで,地元の警察署に行って赤Gを確認してきました.

残念至極ですが…

見るも無残なご臨終です.

 

A100415_07
一応,スバル1000の開発段階で衝突試験はしていたと云われてるクルマですが,
とは言え,もう45年も前の話,
さすがに現在のレベルで見ると…酷いですね.

もし,助手席に………ご臨終です.
助手席側のAピラーは/が\ですね.
運転席側のAピラーも付け根は剥がれてブラブラになってます.

ボクのすぐ後ろの右Cピラーもべっこりとルーフまで凹んでます.
これが,ボクが居た右ドアだったら,これまた致命傷でした.
自分は丁度△のスペースで生存していたようです.

いや~,マジで生きているこのラッキーさに,
御祓いのよりも,神様に感謝ですね.

|

« 補助金もらいたい | トップページ | 事故現場 »

コメント

斜め前からまともに突っ込まれてますね。
記憶とんじゃう訳ですね。
ひとつ間違えると・・・・。

投稿: おおたけ | 2010-04-20 21:10

 シャレにならない。

 ご無事で何より。

投稿: TOMO | 2010-04-20 21:46

ええ~・・・(驚愕)
これは奇跡・・・

磐梯では拝ませてください。

投稿: junk | 2010-04-20 21:47

>おおたけさん

なんで記憶がなくなるんでしょうかね.

もしかしたら,ボクはぶつかるまで相手車両を全く認識していなかったのかも知れません.

投稿: JET | 2010-04-20 21:57

>TOMOさん

そう,シャレじゃないです.
現実です.恐いですね.

投稿: JET | 2010-04-20 21:58

>junkさん

拝んでも,御利益はありませんよ.

投稿: JET | 2010-04-20 22:00

こんな状態になりながらも乗員の命を守った赤Gは、良い車でしたね。きっと最後の最後で神様はついていてくれたのでしょう。

投稿: ぶらっと | 2010-04-21 01:25

>ぶらっとさん

ホントに奇跡的に助かったんだと思いますね.

赤Gは40年以上も生きてきた貴重な存在だったのに,
ボクのせいでこんな形にしてしまい申しわけない気持ちです.
合掌.

投稿: JET | 2010-04-21 05:11

いや~本当によくぞ御無事で・・・
知らずに見たら確実に亡くなってると思いますね!!!

投稿: naoki | 2010-04-21 08:49

>naokiさん

確かに我ながら,ビックリしてます.
これ,記憶があったら怖くてもう車に乗れない精神状態になっていたかもしれませんね.

投稿: JET | 2010-04-21 18:34

>記憶があったら怖くてもう車に乗れない精神状態に

この話を奥さんに話したら、「そりゃ神様がポチっとなと消したのよ」との事です。メーカーで開発を担う人が車に乗れないじゃ・・・って事ですね。

投稿: junk | 2010-04-22 00:51

>junkさん

そういう意味でも神様に感謝しなくちゃいけないネ.

投稿: JET | 2010-04-22 05:11

時々覗かせていただいておりましたが
最後がこんな風になるなんて。びっつくりです。
現代の交通事情を考えると、同じ車に乗るものとして、改めて、考えさせられました。

事故は起こそうとして、おきるものでもないですが
怖いですね、当時の基準のボディーではこうなってもしかたないと思うと、もっと僕も慎重に運転しないとだめですねえ。 
しかし、最後の姿見たくなかったなあ。

投稿: 赤バン | 2010-05-06 12:43

>赤バンさん

どうも初めまして.
名前からして,赤色のff-1バンに乗っていらっしゃるんですか?
羨ましいです.

まぁ,衝突安全性能なんて問われない時代の車ですから,現代の基準で見てはいけないのだと思います.
でも,どこかで現代の基準で作られる安全かも知れないが重くて色んな装備満載の車が正しいのかどうかと疑問になる時もありますが…

少なくともクルマの良さは衝突安全性能だけではないし,今流行りのエコ(ハイブリッドやEV)だけではないですからね.

投稿: JET | 2010-05-06 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/52309401

この記事へのトラックバック一覧です: 最期の画像:

« 補助金もらいたい | トップページ | 事故現場 »