« ワイコン | トップページ | マジで間一髪 »

ミニミニV

B100314_06
ビアンチェのブレーキは前後ともミニVブレーキが装着されてます.
別名ショートVブレーキとも言われます.

もともとVブレーキはマウンテンバイク用として開発されたもので,
マウンテンバイクの太いタイヤでも干渉しないようにと,
強力な制動力を得るために長いアームと大きなレバー比が特徴なのですが,
細いタイヤのフィットネスバイクやミニベロではそんな長いアームも大きなレバー比も要らないので
短いアームのものが出てきたということのようです.

それで,Vブレーキはシマノの登録商標らしく,
シマノ以外のメーカーがミニVとかショートVとして売っているということのようです.

特にビアンチェの場合は,ブレーキアームが長いとフロントサスペンションと干渉してしまうため
ミニVブレーキじゃないと装着できないようになってます.

普通のマウンテンバイク用のVブレーキのアーム長
(下の支点の芯から上の支点の芯またはワイヤー固定点までの距離)は
130mmが標準なのに対して,
ボクのビアンチェにはアーム長85mmのテクトロ製ミニVブレーキが装着されてます.

 
ところが,それでもフルボトム付近では
フロントサスペンションとミニVブレーキの上部が干渉してしまうんです.
それが一因でたまにブレーキが外れてしまうことは前に書きました.
ボクがフロントサスペンションをソフト方向に弄っているからという理由もあるんですけどね.

もう少し短いVブレーキがあれば良いんだけどなぁ...と,いろいろと探してみましたが,
どうやらミニVブレーキを作っているメーカーはそれほど多くなく,
どれもこれもアーム長85mmばかりということが分かってきました.

それでもしつこく探してみると,
同じくテクトロ社からBMX用としてアーム長80mmというのが唯一出ていることが分かり,
かなりレア品なのかも知れませんが,なんとかオークションで入手してみました.
それが上の写真です.
それぞれ左側がアーム長85mmの既装着品⇒右側がアーム長80mmのものです.

たった5mmの違いですが,比較すれば明らかに短いです.
ボクは勝手にミニミニVブレーキと呼んでいるんですが,
正式な製品名は単にミニVブレーキ926ALです.

ちなみに,重量は99g→105gとミニミニになったのに6g増えてしまいました.
どうでもいい差ですけどね.

B100314_05 ⇒ B100314_07
早速装着してみます.
左側が今までの状態.
フルボトムだとサスペンションとブレーキのアームが干渉してます.
ブレーキの片効きが発生しがちとなります.

右側が5mm短いミニミニVブレーキ装着状態.
フルボトムでも干渉しません.たかが5mmされど5mm,というところです.

ところで,ミニミニVブレーキにするとレバー比が小さくなるので制動力が悪くなります.
停止距離が長くなるわけではありませんが,
より強くブレーキを握らないと同じ制動力を出せなくなるということです.
そのかわり,ブレーキの遊びは小さくなって剛性感は増える方向になります.
理屈ではそういうことです.

ボクは自転車に関してはリヤブレーキ重視でして,
リヤブレーキをロックさせながら危険回避した方が安全だと思っているので,
今回のフロント・ミニミニVブレーキ化は悪い方向ではないと考えてます.
けど,実際に走ったらどうかな...

|

« ワイコン | トップページ | マジで間一髪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/52309434

この記事へのトラックバック一覧です: ミニミニV:

« ワイコン | トップページ | マジで間一髪 »