« ドナドナ・ストライダ | トップページ | スープ焼そば@太田 »

エルゴン

B100101_01
ストライダのグリップを交換しました.

元々付いていたものもいわゆるエルゴノミック形状といわれる
平べったくて掌を載せやすいなかなか優れものではあります.
 
もうちょっとなんとかしたいと思ったのはクリップそのものの形状ではなく,握る位置です.
ストライダは3.0以降ハンドルステムがプラスチック製の水平のものから
アルミ製溶接の上向きのものに変更になっていて,
その結果ハンドル位置が高くて近くなってしまってます.
 
街中を流すようにペダリングするときはこれでもいいのですが,
ちょっと速く走ろうとするときはもっと前の方を握りたくなります.
前傾姿勢で空気抵抗を…というよりも体幹の筋肉を有効に使うためです.

ハンドルを変えるのもひとつの策ですが,
ストライダは折り畳みハンドルなのでそう簡単に変えるわけには行きませんし,
ストライダらしさを損ないたくはありません.
 
バーエンドバーを付けるのも解決策に繋がるかもしれませんが,
MTBのようないかにもなものはこれまたストライダらしさを損なう気がします.

 
そんなわけで,選んだのがコレです.
エルゴノミック形状のグリップとエンドバーが一体となっているものです.
そんなに厳つくないし,そこそこポジションの自由度が増すし,握りやすい形状です.

さて,グリップ交換の効果は.
かなり良い感じです.
まだ登坂は試していませんが,ハイギアでグイグイ漕ぐ時のスピードの伸びが違います.
今まで,ほぼ脚力だけで漕いでいたのが,3割ぐらいは背筋・ケツ筋使えてると感じます.
当然,腕の引きも使えるようになってます.
 
と書くと,凄くシャカリキになって走っているみたいに思うかもしれませんが,
そういうわけではなくハイギアで楽に巡航できるようになったということです.

この感じだとおそらくローギアでの登坂でも走りやすくなってるはずです.
もっとも,ストライダはバーエンドバー握ってダンシング(立ち漕ぎ)するわけにもいかないから,
ホントの激坂はどのみち無理ですけどね.
 

それと,ついでにエンドキャップに付いている紐,
以前に書いたようにコレはパーキングブレーキとして使う紐ですが,
それをオレンジに替えてみました.

|

« ドナドナ・ストライダ | トップページ | スープ焼そば@太田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/52309516

この記事へのトラックバック一覧です: エルゴン:

« ドナドナ・ストライダ | トップページ | スープ焼そば@太田 »