« サドルバッグ | トップページ | モザイクと言えば… »

歩道走行

先週末の春の陽気とは一転してここ二三日寒い日が続きますね.
今朝も氷点下でしたけど,ビアンチェで通勤です.
しかも,北風ビュ~ビュ~です.
 
寒さに対しては こんなカッコウしてるので問題ないのですが,強風・向かい風は辛いです.
無風なら30km/h以上で巡航するのに,
今朝なんかは一生懸命漕いでも22km/h以下まで低下しちゃうんです.
自動車,特に大型トラックなんかが脇を抜いていくと,
スリップストリームとまでは言いませんけど向かい風が弱まって
一気に28km/hぐらいまで上がるという繰り返し.疲れちゃいますね.

ところで,ボクはバイク(自転車)では基本的に車道を走ります.
現在の日本では何故かバイクは歩道を走るものと誤解している人,
特に車優先社会とも言える北関東の自動車ドライバーの人も多いようですが,
道交法でも「一部の歩道は走ることが許されるが原則として車道を走るもの」とされています.
 
という,法律を何が何でも守るべしという立場から車道走行をしているわけではなく,
歩道走行は危険がいっぱいなので車道を走っているわけです.
まぁ,言い方を変えると,安全な歩道走行をするには
バイクがバイクとしての存在意義を失うほど徐行しないとならないのでやらない,
となります.
 
それと,アメリカやヨーロッパなどではバイクは当たり前のように車道を走ってます.
日本と違ってバイク専用道路が整備されているのは事実ですが,
それはやはり一部の路線であって大半はそんなものはありません.
というか,街と街を結ぶ郊外の道路なんて歩道すらなく路肩も狭いところを
自動車は制限速度100km/hで走っていて,
同じ車道をバイクも走るというのが日常の風景です.
こういうのを見てくると,「車道を走るなんて自動車に轢かれそうで怖い~」
なんて言っている人の感覚がいかに非論理的であるかが分ってしまいます.

日本では,歩道をビュンビュンと走っているマウンテンバイクやロードバイク,
あるいは元気いっぱいの学生さん通学チャリを見かけますが,
あの人たちはいったいどういうつもりなんでしょう.
歩行者とぶつかったら怪我をさせてしまう可能性が極めて高いのに.
歩道に面した民家の玄関から人が急に出てくることもあるし,
路地から出てくることもある.
それでもぶつかったらほぼ100%バイク側に非があることになります.
どうせ保険にだって入ってないんだろうし.
 
それに,自動車側からみても歩道をすっ飛ばされては路地から出るときや
左折巻き込みなどでバイクを視認するのが非常に困難になります.
特に歩道との間に生垣なんかがある歩道だと最悪です.
 
いくら自転車通行可の標識のある歩道でも,
自転車は徐行で走ってもよいということであり,
あくまでも歩行者優先であり,
つまり歩行者がいれば必要なときには何時でも止まるということです.
歩道走行の明確な速度制限はありませんし,オービスで取り締まりはまずしてないでしょうけど,
概ね8km/h程度までというのが大半の見解だそうです.
 
8km/hというのは,平均的な歩行者の2倍まで,大人の早足ぐらい,
自転車でふらつかない最低速度とか色々な理由付けがされてますが,
実際に8km/hで走り続けるのは相当にじれったいです.
そんな速度で歩道を走っている人はまずいないだろうと言い切れるぐらい遅いですね.
 
また,歩道でも自転車通行区分が色分けされているところでは,
徐行じゃなくて「ただちに徐行に移ることができる速度」で走ってよいことになっていて,
これも概ね15km/h程度までというのが大半の見解だそうです.
 
これでも,ママチャリでゆったり漕いでもそのぐらい軽くでちゃう速度ですよね.

ボクはさきほども書いたように何が何でも法律や規則を杓子定規に守るという意識はないけど,
他人に迷惑をかけないという意識はあるので,
原則として歩道を走らない,そして止むを得ず走る場合は10km/h以下,
自動車通行区分のある歩道なら20km/h以下にしています.
やはりこれ以上速いと人が飛び出してきたときに対処できない可能性が高いですから.
 
この速度ですらある意味ルール違反なのですけど,
これを守ろうとしたらとてもじゃないけど歩道走行を主体としてバイク通勤なんてやってらんないですよね.
バイクのメリットがないです.

 

まっ,他人がバイクで歩道を暴走しようが自分に直接被害がなければ
とやかく言うつもりはありませんけど,
 
ただし,このブログ記事に「車道なんか走って車に轢かれるのはまっぴらだ」的な
反論コメントする人には事前に書いておきます,
「自分が轢かれるのはまっぴらなのに,他人(歩行者)を轢くのは平気なんですね」と.

|

« サドルバッグ | トップページ | モザイクと言えば… »

コメント

僕は JET さんの姿勢が正しいと思います。

歩道走ってもいいけど、歩行者どかしたり歩行者
ギリギリを通るチャリはどうか?と、常々思って
います。

ま、僕が見る限り、ヘルメット被ってるようなチ
ャリ乗りのみなさんは車道走ってるみたいですけ
どね。

投稿: さそっち | 2009-02-19 23:14

>さそっちさん

うっ,メット被るの嫌いなんだよねぇ.

投稿: JET | 2009-02-19 23:29

同意いたします。
わが家の周辺ってのは、自転車が異常なくらいデカイツラをして歩道を走りまくっています。
チリチリ鳴らせば退くと思っているのかね、連中は。。。

投稿: しぶけん | 2009-02-20 00:10

15年ぐらい前の南部沿線道路(武蔵新城あたり)は、夕方になるとクルマなんか通れないぐらいに車道にママチャリが溢れていました。ここはホーチミンか!と思ったもん。(^^;
今でもそうかなぁ?

三浦半島R16は、車道走るのは結構命がけです。
登りで切れない足と、前方の突然の変化に対応する集中力が必要。

こんなとこ走らなければいいんだけど、三浦半島はこうゆう幹線を外れるといきなり激坂ばっかりなんですよねぇ・・・とは言え、歩道は走りませんが。

ヘルメットは被りましょうよ・・・

投稿: junk | 2009-02-20 00:51

まあ、実際に歩道を走る方が危険(歩行者を轢く・見えない所から出てきた車とぶつかる・自転車同士が出会い頭にぶつかる)なのは重々承知の助なのですが、車道は車道でやっぱり危険と言うスタンスですねぇ。つまり「自転車は走る所がない」と日々思いつつ過ごしております。

てな訳で今現在はスピードの出ない折り畳み自転車で走る場合、車が余り来ない裏道とか歩道が死ぬ程広い幹線道路の歩道を走る事になりますねぇ。確率論とかそういうのをすっ飛ばして、後ろから信用していいのか、こちらを認識してるかも分からないような鉄の塊が脇スレスレを抜いていくと言う「観念」が何よりも恐ろしいです。これは恐らく過去にバイク(エンジン付いてる奴ね)で車と絡んで事故った経験のせいもあるでしょうし、単に性格的なものかも知れません。

例えスピードを出せるロードレーサーに乗っている時でも、実際に車線幅の狭い車道など自分が車を通せんぼしてしまうシチュエーションもあり、プレッシャーに弱い自分としては、場合によっては歩道をゆっくり走る方がストレス溜まらないんです。これはもう人それぞれだと思います。

ただまあ、どんな理由があろうと歩道を暴走するアホだけは認められないのは言うまでもありません。と言うかここ見てる人で「歩道を走るのが当たり前!車道なんか危険だ!」と言う人はさすがにいないでしょう。通りすがりの人が来ない限りは。

投稿: こしょやん | 2009-02-20 00:55

小学生の頃歩道を走ってまして、
電柱とガードレールの隙間をやり過ごし、
前から歩いてきているおばさんを避けた瞬間、
おばさんが幼稚園児を連れていたに気付き、
慌てて回避したけどバランスを崩し、その幼稚園児を半分チャリで下敷きにしました。

誠心誠意誤り許してもらいましたが、それ以来歩道を走れません

走らざるを得ない場合は人がいなければもちろん徐行、
人がいれば押すようにしています

歩道を歩いていて、どけどけ~ってベルを鳴らすやつを見ると、
非常に頭にきますね~

投稿: naoking | 2009-02-20 08:57

自動車と自転車が道路上で対等な立場になる日が来ないと、自転車で車道を走る安全性が高まることはないとは思います。きっと日本では永遠に来ない。
やっぱ、敵視するような抜き方をする人は相当多いですし。
まあ、対向車がいて抜くに抜けなかったりするとイラつくのはわかるけど・・・

いきなり目の前に割り込まれて、ハザード出されるのが一番死を感じる。タクシーは平気でやりますからね。

クルマの抜き方で、そのドライバーが自転車好きかどうかはわかりますね。
僕は、基本的に半車線以上空けられない時には後ろで待つし、抜くときも極力スピードは落とす。


まあ、自転車側も相当問題ある走り方している人もいますが・・・
最近流行りのピストやシングルスピードで、止まりたくないから、信号も何も無視して交差点を突っ切って右折していくヤツなんかも見ます。

投稿: junk | 2009-02-20 10:40

なんかいっぱい書いちゃいますが・・・(^^;

そういう点では、ヒロ先生の応援に行ったコロラドは最高でしたね。
幹線も一番右の車線は、「自転車優先」って明確に書いてあるし、街中の2車線道路にも書いてあったと思う。
クルマも前に自転車がいれば、100%車線を変えますし。
何のストレスもなく車線のど真ん中を走れる快感ったらありませんでした。
2台並んでリカンベントで走ってるカップルなんかもいたりしてね。

投稿: junk | 2009-02-20 10:59

>しぶけんさん

さすがに群馬じゃそんなに自転車はいないですけどね.
というか,歩いている人も少ないけど(^-^;

投稿: JET | 2009-02-20 19:05

>junkさん

ギリギリに寄せて被せてくるヤツはどこにでもいます.
ボクも出社時にいつも決まって被せてくる車がいますよ.2台ともBMW3なんだよな.嫌な車だ(笑)

投稿: JET | 2009-02-20 19:10

>こしょやんさん

>>つまり「自転車は走る所がない」

それはこの日本ではある意味そうかも知れませんが,ボクはそういう状況を作り出してしまった一因には,歩道を走り続ける自転車乗りにもあると思ってます.
というと,卵が先か鶏が先か,はたまた行政が悪いとかの議論になってしまうでしょうけどね.

通り掛かりではない こしょやん だからこそ書きますが,「車道走るのは怖いから歩道走る(たとえゆっくりでも)」という人には自転車乗って欲しくないです.そういう人がいる限りは一部の自動車ドライバーが自転車に対して「ドケドケ邪魔だ,こっちの方が強いんだぞ」という意識を捨てることはないと思います.

極端な喩えかも知れませんが,暴力に屈する人がいる限り暴力(○ヤ)は蔓延ります.
まぁ,それが人間社会ってもんだよと悟りの境地に達しているのなら,それはそれで何も言えませんけどねhappy01

投稿: JET | 2009-02-20 19:30

>naokingさん

ボクは幸いにも歩行者と事故を起こしたことはないですけど,誰も起こしたくて事故を起こすわけじゃない,ましてや誰もなりたくて加害者と言われる立場になるわけじゃない.
もちろん痛い思いはしたくはないですが,他人に怪我をさせてしまうくらいなら自分が怪我した方が精神的にはよほど楽です.少なくともボクはそう考えてます.

でも,100%完璧な人はいないわけで何かの拍子にそういう状況になってしまうことはあり得る.そのリスクをどれだけ少なく出来るかということですね.

投稿: JET | 2009-02-20 19:38

>junkさん

ボクもコロラドでレンタルバイク乗ったよ.

http://jet-stream.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/02/20/us95_0203.jpg

あぁ,この時もヘルメット被らなかったな(汗)

投稿: JET | 2009-02-20 19:56

 そう言われても乗りますけどね。別に力に屈してる訳ではなく、単純に自衛手段です。自分も極端な例えを出しますが、危険な事が分かってて内戦中の国に行く事はないですよね。よほどの事情でもなければ。

 まあ、自分の考えは変わる事はないでしょうし、JETさんもそうでしょう。結局はそういう結論ですね。

投稿: こしょやん | 2009-02-20 20:58

>こしょやんさん

ボク自身の立ち位置を明確にするために書きますが,

関係の無い内戦中の他国にわざわざ行く気はないですけど,
自国が内戦状態になったときに,
自分の信念に逆らって情勢有利な側に日和見的につくか
あくまでも自分の信念に従うか,
と問われれば,ボクは迷うことなく後者です.

まっこれも極端な話ですけどね.

投稿: JET | 2009-02-20 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/52309902

この記事へのトラックバック一覧です: 歩道走行:

« サドルバッグ | トップページ | モザイクと言えば… »