« 何故か+9分 | トップページ | アイドラーズの画像 »

続・半分づっこ

いちおう,過渡領域の話もしておきますか.

ハンドル切ったときのヨー応答性の固有振動数 fn で見てみましょう.
fn が高いほど,素早いハンドル操作にも応答しかつ共振もしにくいので
安定性も高いと言えます.

 fn=(Kf+Kr)/(π・m・V・√Io)
            ×√(1+SF・V^2)

 ここで,Kf,Kr:前後輪のコーナリングパワー
      π:円周率 V:車速
      m:車両質量 Io:正規化ヨー慣性モーメント 
      SF:スタビリティファクター

正規化ヨー慣性モーメントって言うのは,こちらを参照してください.

この式から分かるのは,
・高速になるほど安定性は低くなる.
   (だから高速になるほど急ハンドルは厳禁ですね)
・タイヤのコーナリングパワーが高いほど安定性は高くなる.
・軽いほど,慣性モーメントが小さいほど安定性は高くなる.
・アンダーステアの車ほど安定性は高くなる.

で,既にお気づきの方も多いと思いますが,重量配分は関係ありませんよね.
半分づっこ神話,ここでも敗れたり. 

|

« 何故か+9分 | トップページ | アイドラーズの画像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/52310117

この記事へのトラックバック一覧です: 続・半分づっこ:

« 何故か+9分 | トップページ | アイドラーズの画像 »