« 動揺病 | トップページ | おすわり »

アクセル引っかかりの原因

A080430_004
ブレーキ・マスター・シリンダーの修理から戻ってきてから,
アクセル全開付近で引っかかって戻ってこないときがあって
恐ろしい思いをした我が赤Gですが,
その後ボク自身の両脚の修理に手間取ったためにずーと放置したままでした.
やっと動けるようになってきたので赤Gの様子をみてみました.

上の画像のように,赤Gはオルガン式のアクセルペダルですが,
シーソー式になっているロッドを介してから上の方でアクセル・ワイヤーに繋がっています.
問題はそのアクセル・ワイヤーに繋がっているところに近い,
画像に赤○をつけた部分でした.
 
もうちょっとその部分が分かり易い画像がこれ(↓)です.

A080430_003
赤い矢印で示したのがリザーバータンクからマスターシリンダーに繋がっている
ビニールチューブを留めているバンドです.
黄色の矢印で示したのがアクセルペダルのロッドの上部です.
 
この画像はアクセルペダルを踏み込んだ状態で撮影しています.
もうお分かりですよね.アクセルペダルを踏み込んでいくと,
ロッドの上部がビニールチューブのバンドのネジの部分を乗り越えて,
そこに引っかかって戻らなくなっていたんです.
 
そのバンドのネジ部をアクセルのロッド側にもってきてはいけないんですね.

対処法はしごく単純で,バンドを少し緩めてくるっと180度くらい回転させて終了です.
これでアクセル操作はスムーズになりました.

ちなみに,自動車屋さんから心配だから確認しておいてと言われたところもOKでした.
 
ついでに,エンジンオイル交換もして,キャブの調整もして…疲れました.

|

« 動揺病 | トップページ | おすわり »

コメント

> 戻ってこないときがあって

蹴り上げて戻したですか?。

投稿: さそっち@黄び~ | 2008-05-01 20:45

>さそっちさん

いやいや,エンジン切って停止してから右手でアクセルペダルを引き上げて戻しましたよ.
オルガンペダルだから足で蹴り上げるのは難しいし,そんなことやってたらブレーキ踏めないしで,どっかに突撃してましたな.

投稿: JET | 2008-05-01 22:39

んー。 撮ってる姿を想像したら・・・
でも「やってみようと思い」、「できた」のは
だいぶ良くなった、ということだね。
よかったよかった。

投稿: Jay | 2008-05-02 06:29

マスターシリンダーが室内にあるんですか!!!!
いやいや俺若くないけど初めて見た(爆)

ご自身の脚はとりあえず大丈夫のようですが、
無理しないでくださいよ

投稿: naoking | 2008-05-02 10:20

>Jayさん

どうも,ご心配かけます.
跳んだり走ったりはまだまだですけどね.


>naokingさん

そうそう,室内にあるんですよね.だから,漏れていてもすぐに分からないし,気づいたときにはカーペットマットも含めてフルードで大変なことになってしまってます.
まぁ,この頃からスバルの小型車はずーとブレーキ(&燃料)は室内配管なんだよね.マスターシリンダーが室内にあるなら,室内配管するのはむしろ自然ですからね.

投稿: JET | 2008-05-02 11:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/52310198

この記事へのトラックバック一覧です: アクセル引っかかりの原因:

« 動揺病 | トップページ | おすわり »