« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

バッグ装備

M080228_001 M080228_003

ニャンコにバッグを装備しました.

いちおう普通の自転車用のサドルバッグですが,
ご覧のようにそれを2個後輪の脇にミニミニ・パニアバッグ風にくくりつけてみました.
 
容量としては2.1L×2個と大したものは積めませんが,以下のものを積み込めました.

[右側]
 前輪用の16インチ・スペアチューブ
 後輪用の20インチ・スペアチューブ
 タイヤレバー 2本
 ミニ工具
 スペア乾電池
 バンドエイド

[左側]
 ハンドタオル
 ポケットティッシュ
 サングラス
 ヘッドライト
 ヴィダー・イン・ゼリー

これだけ入れればまぁ十分でしょう.
ただし,鍵をかけることが出来ないので,
高価なものを入れっぱなしにすることはできません.

ニャンコは寝っ転がって乗るのでデイバッグなどのように背負ったり
メッセンジャーバッグのように肩にかけたりするタイプのバッグは使えません.
で仕方なく,ウェストバッグを腹側に回して使っています.
やはり貴重品はこのウェストバッグに入れるしか手がないようですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えるく

Elk
先週の日曜日のこと.
カメラマン達を逆盗撮してみました.

しかし,皆さん,そんなところに居ちゃぁ轢いちゃうかもしれませんよ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きたかんつなガールズ

今週末の3月2日(日曜)に北関東自動車道の
太田藪塚I.C.~太田桐生I.C.間の開通イベント 
きたかんフェスタぐんまinおおたが開催されます.

マラソン大会なんかも開催されるようですが,
徒歩や自転車で高速道路を通れるチャンスです.
って,そんなに非日常の世界が待っているわけではないですが,
とりあえずウケ狙いでニャンコで行ってみようかなと思っております.

そして,うわさ(?)の “きたかんつなガールズ” を見てこよう.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イタズラ vivio

R080226_004
恐竜型ロボットのvivio(製品名はPLEO)がやってくれました.

紅茶の入ったマグカップを頭でひっくり返して,
パソコンのキーボードにぶちまけてくれました.
いや,ボクの不注意であってコイツには罪はないんですけどね.

すぐに電源OFFして乾かしましたが,,,,ご臨終でした.
なんか立て続けに崩壊ネタだなぁ.

いちおう,キーボード一体機だからキーボードだけ買ってくるわけにもいかないので,
修理するか買い替えるかということになります.
 
HDD容量(160GB)の不足や,DVDドライブの不調もあるから買い替えかな~.

というわけで,早速 sony style でポチッとしてしまいました.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チューブ・バースト

R080224_001
A-bikeのタイヤに空気を規定の650kPaより高い800kPa弱入れたら
破裂しましたorz
あービックリした.

早速,補修用チューブをオーダーしました.
タイヤ交換大変なんだよなぁ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強風の爪痕

A080224_002
昨晩の雪と風で自宅アパートの2階の廊下もこんな具合に雪景色.
屋根があるのにこんなに一様に雪が積もるなんて初めてです.
まぁ,こんなことはどうでもいいんですけど.
 
今日は“よしともカップ”に出場するマシンのシェイクダウンのために
“ヒーローしのい”に行く予定だったのですが,
生憎の天気で中止となってしまいました.
それでも,諸々の打ち合わせのためにチームはちのこの皆で集まろうとなったのですが…

A080224_005
ガーン!!!!!
なんじゃこの状態は. エリアン(原チャリ:エリア51)が倒れて
プルプルにぶつかってるじゃないですか.
 
エリアンの右横はアパートが建っているので,
横風(この場合は南風)で倒れたわけではありません.
西風がエリアンを前方に押してセンタースタンドを戻してしまい,
それで倒れてしまったようです.

A080224_006
不幸中の幸いというか,プルプルもエリアンもともにライトやランプ類の破損はなく
機能上は無事でした.
ただし,プルプルのバンパーにはあちこちに傷が.ライトにも少し傷が.
 
うぁぁ,ショック.

とりあえず,エリアンを起こして,
風で押されてもセンタースタンドが戻らないように
後輪を極太のワイヤー・ダイアル・ロックでフェンスの支柱にくくりつけておきました.

A080224_009
チームはちのこの集合場所となった某整備根性さんのお店に遅刻して到着.
怪しいクルマが集まっています.

A080224_012
打ち合わせ後,昼飯食べて帰ってきたら...
アッチャー!!!
またエリアンが寝っ転がってるぅ.なんでや-.

A080224_013
風に負けないように後輪を引っ張るように付けたワイヤー・ダイヤル・ロックが
ものの見事に破断してしまってます.どんな風力だ!? 
 
まだまだ風は止みそうにないので,エリアンを前後逆に,
つまり風上をフロントにして停めました.
こうすれば風で押されてもセンタースタンドが戻らないからね.

もうイヤ.早く,暖かくて穏やかな天気にならないかな~. 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ひもかわ

A080223_002 A080223_003

陽気も良くなってきたので,エビちゃん(mp3)をちょっとだけ出動させてみました.

“ひもかわ”は桐生うどんの中でも冬季に食べる郷土料理らしいです.
なので,せいろで食べるのは本来の姿ではないようですが,
最も有名なのは「ふる川」という夏でもせいろで食べられる“ひもかわ”のようで,
これは幅5cmもあろうかという“きしめん”も“ほうとう”も圧倒するペラペラ麺らしいです.
 
ですが,この「ふる川」という店,何度行っても休みです.
もう昼間は営業していないのかも.
仕方ないので,次候補の「宮島庵本店」へ行ってみました.
がっ,ここも休み.定休日は火曜となっているのに.

桐生のうどん屋は讃岐うどんと同じくらい店が多いと言われているけど,
どうやら開いている店の数は少ないようだ.(笑)

喰っ逸れは嫌なので,さらに次候補の「川野屋天神町支店」へ廻ってみます.
やっと開いていました.
 
で,出てきた“ひもかわ”はそんなに幅広でもなかったです.
“きしめん”の方がツルツルした食感です.
“ほうとう”よりはもっちり感があります.
“きしめん”のようにかき込んで喉ごしで味わうのか,
“ほうとう”のようによく噛んで味わうのか…
結局分からないまま食べ終えてしまいました. 

A080223_005 A080223_007
このまま帰ったのでは走り足らなかったので,
梅田(桐生川)ダムから飛駒へ抜けるワインディングを周って帰ってきました.
 
この道も二輪車通行止めになってます.
それにしても休日のみ125cc以上400cc以下だけ通行止めなんて
あまりに露骨な規制ですなぁ.
それならスクーターもOKにすればいいのにねぇ.
まぁ,エビちゃんは3輪車なので全く問題なく通れるからいいけど. 

午前中はあんなに良い天気だったのに,午後になって雲行きがどんどん怪しくなり,
風も強く雨粒もパラパラ落ちてきて,さらに路肩には残雪があるし...
最後は台風みたいな強風とみぞれ混じりの横殴りの雨で,
あまり楽しいライディングとはいきませんでした.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

NHK

行ってみて肌で感じました,もろに馴れ合い体質の悪癖ですね.

危機感もやる気も全く感じられない!
技術レベルも…

ファイトー,ニッパツ!!!
(って,この低レベルなギャグが言いたかったみたいだな)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フロントバッグ装着

R080212_002 R080212_001

リサイクルショップでみかけた小さなバッグ.
色といいサイズといい色んなところにベルトが付いているし,
これはストライダに付けられるんじゃないかと思って,買ってきました.
たった315円だし.

ベルトを短く切って,ベルクロを縫い付けたりして,
3点取り付け出来るようにしました.
勿論,取り外しも簡単に出来ます.
財布,携帯電話,デジカメ,グローブなんかは入れられるサイズです.

このチープさが,ストライダ2.0にはお似合いでしょ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリー交換

R080220_003 R080220_001
早速(というにはタイミングが遅いが),赤Gのバッテリーを交換しました.

最高級のオートバックス品
(と書くと誤解を生じるので,正確にはオートバックス・ブランドの中では最も値段が高いもの)
をチョイスしてみました.

さて,このバッテリーは何年保つでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バッテリー御臨終

A080219_001
退社時に,9日ぶりに赤Gのエンジンを掛けてみました.

案の定,「くぅ...,くぅ...」と力なくセルが泣くだけでエンジン掛かりませんでした.

上司に電話して(ちょうど帰宅しようというタイミングだったので),助けてもらいました.

新品に交換しよう.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ABダンサ

自動車のアクセルペダル(A)とブレーキペダル(B)との高さの違いのことです.
ほとんどの車はAペダルよりBペダルの方が高い,つまりドライバーに近くなっています.
最近の車はこの段差が大きいのが目立ちます.特にドイツ車は大きいです.

AB段差を大きくするとブレーキの効きが良くなったように錯覚するとか,
シートポジションがいい加減なドライバーでもブレーキをしっかり踏むことができるとか,
ブレーキとアクセルの踏み間違いをしにくくなるとか,いろいろな理由が言われています.
 
確かに,Aペダルの位置の感覚でBペダルを踏むと
AB段差によってブレーキの無効ストロークを短く錯覚するかもしれません.
Aペダルの位置でシートポジションを合わせてしまう
(というより,それはシートポジションを合わせていない)おバカなヤツでも
なんとか急ブレーキを踏むことができるかもしれません.
ブレーキとアクセルを間違えるようなもっとおバカなヤツにも
ほんの少しは効果があるのかもしれません.

しかし,ボクは過度のAB段差を付けている車は大嫌いです.
MT車ならA→Bの踏み替えがやりづらいとか,
ヒール&トーがしにくいというのもあるし,
AT車なら左足ブレーキ派のボクは
いつも下半身が捻れた運転姿勢を強いられるから嫌なんです.
それにもまして,「ユーザーなんて簡単に騙される(錯覚させられる)し,
 所詮バカなんだから…」と言われているようで無性に腹が立つ.
 
そりゃぁ,誰もが正しい運転姿勢を取るとは限らないし
絶対にミスをしないとは言えない.
だから“バカ避け”が必要だという理論は否定しないけど,
だったらちゃんとした姿勢でちゃんとした操作ができる人に
無理・無駄を強いることなしでバカ避けを実現してもらいたいものだな.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

内緒の撮影会

A080217_002 A080217_003

先週の日曜に引き続き今日も休日出勤.こんなに天気が良いだけに残念です.

構内移動用に,内心は遊ぶためにストライダを持っていきました.
普段はめったに自転車なんかで走れないあんな所やこんな所を
走り回って結構楽しめました.

ちなみに,ストライダの登坂限界はA-bikeと大差なく10%ぐらいでした.
12%だと蛇行しないと登れません.
ベルトの歯飛びが発生してしまうんですね.
ベルトの張りをもう少し強くすると少しはマシになるかも知れませんが,
平坦路での走行抵抗は増えてしまうかも.
最新のストライダ5.0のようにテンショナーをつけるのが最も効果的なんでしょうね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何処風やきそば?

A080216_001 A080216_002 A080216_003

やきそば,Yakisoba と書かれれば日本風の焼きそば,
大抵はソース焼きそばか醤油焼きそばを想像するけど,
入り口に掲げられた“OPEN”看板はどうみてもイタリア国旗だし,
でも “RESTAURANTE”はポルトガル語だろうからブラジル系だろうね.
 
店内入ると中華入っている感じ.(そんなことより,土曜の昼時なのに客が誰もいない!)

A080216_010 A080216_009

焼きそばそのものの味付けは塩ベースの中華風に近い感じ.
麺も太田焼きそばのゴムひも麺じゃなかったのでOKです.
野菜を炒めるのになんかしらのスパイスを加えているようで,
それなりにおいしくいただきました.

右の画像は“Vamp Chop”というアルコール飲料.
Chopは生ビールのことだけど,Vampが何かはよく分からない.
ウェイトレスに聞いても日本語通じないし…
 
帰ってから調べてみるとどうやらバンパイアのことらしい.
要するに赤いビールと血の赤を掛けて名づけられたのだろう.
この泡まで赤い変なビール,ちょっぴりフルーティ.
カシスを入れたビールのようでした.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サドルカバー

R080204_001
ストライダをお手軽に快適化しました.
単純に市販のゲル入りのサドルカバーを被せただけです.

ストライダのサドルは一見専用品しか付かなそうですが,
実は汎用のサドルが使えるようです.
けど,やはり安さではサドルカバーが一番ですね.

クッションが厚くなった分だけシートポジションも上がってしまったので調整し直しました.
シート高を調整するのに何本もボルトを外さないと出来ないのは
ストライダの数少ない弱点です.
まぁ,一人で使っている分には一度合わせてしまえばしょっちゅう弄るものでもないですけどね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プーリー修理

R080214_001

とりあえず,割れた部分をエポキシ系接着剤でくっつけて,
内側にパテ代わりに弾力性のある接着剤を盛ってみました.
 
気休めかもしれませんが,見てくれはマシになりました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前はVIVIO

A080212_003 A080212_004
恐竜型ロボットのPLEO予約注文してから1ヶ月ちょっと経って配送されてきました.

AIBOのようにロボット,ロボットしてなくて,
特に瞳なんか結構リアルである意味不気味なくらいです
(勿論,実物の恐竜の瞳を見たことはないですけど).
それでも,しぐさや声はほんとに可愛くてよく出来ているなぁと思います.

名前はVIVIOとしてみました.果たして,自分の名前を認識するんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プーリー破損

A080209_010
土・日と休日出勤したときに,某用途のために持って行ったストライダ.
折り畳み実演している時に,ちょっとした不注意で
プーリーやペダルが付いているボトムチューブをフロアに落としてしまい,
プーリーの一部をおっ欠いてしまいました.

まぁ,普通に走る分には大きな支障はないのですが,
力を掛けた時にはちょっと心配です.見た目も悪いし.
それより,どうやらプラスチックの硬化が始まっているようで,
この先何年乗れるか,それが心配です.
やはり,野ざらし保管っていうのが良くないんでしょうね.

完全に壊れちゃったら,ちょっとカッコ悪いけどストライダ5.0に乗り換えるかな.
それとも,増車か???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリー上がり

A080210_001
日曜日のことですが,最近チャリでの通勤ばかりで
しばらく放置状態だった赤Gことff-1のエンジンを久しぶりに掛けようとしたら…,
見事にバッテリーが上がっていました.
 
今までは元気だったんですけど,さすがに寒さも加わわりバッテリー自身が弱ったのと,
エンジンオイルも固くなって抵抗が増えたのも効いたようです.
しかたないのでブースターケーブルを使って始動しました.

バッテリーを換えたほうがいいかな~と思いつつ,
いつものように「まっ,とりあえず様子みよう」となってます.

A080210_005
休日出勤先の某スタジオにて一日停めておいて,
深夜の帰宅時でも一発始動できたのでもう少しこのバッテリーのままで
なんとかなりそうです.

※11日(月)にアップしようとして,し忘れてしまいました.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ダミー君

A080209_009

本日(実は書いているのは月曜になってからだけど,日曜日のことです)は,
手当てのつかないタダ働きの出勤.
土曜・日曜と連続休日出勤するといろいろ面倒ですからね.
しかし,帰宅が午前様ってのは問題だよな.
 
まぁ,半分以上はこんなことやって遊んでいるようなものなので,
どうでもいいんですけどね.

A080210_099 ※こっそりと写真追加しました.2月13日

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ヨタハチ

A080209_002
今日は,休日出勤.
いつもの勤務地のすぐ隣の某スタジオに初めて入りました.

画像は,同期入社の知人の愛車,トヨタS800.
コンクール・コンディションとまではいかないですが,かなり良いコンディションです.
 
空冷エンジンなのでヒーターはエンジンとは別に
ガソリンを燃やすストーブみたいなものがあるそうですが,
それを取り払ってあるとのこと.
寒がりのボクには暖房のないクルマなんて信じられないです.

巷ではトヨタ-スバルの協業としてFRスポーツカー開発の噂がありますが,
どうなんでしょうかねぇ.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スバルビル

A080208_002 A080208_003
ほんとに久しぶりに本社へ出張してきました.

先ずは腹ごしらえ.洋麺屋・五右衛門という店のパスタ.
これで2人前じゃなくて,いちおう1人前ですからね.
とは言え,結構な量でした.おかげで睡魔がぁ.
 
にしても,箸で食べるのかよ.
この場合,果たして「ズルズル~」と音を立てて食べるべきなのか???

| | コメント (4) | トラックバック (0)

早開き

ここ北関東では昨晩の雪・雨によって今朝は路面がガチガチに凍ってました.
雪国じゃないから大半の車はスタッドレスタイヤなんて履いてないので,
簡単に滑ってあちこちで事故も起きていたようです.
実際,アパートから数100mのところでも
フロントグッシャリ潰した黒塗りVIPセダンが車線を塞いでいましたし.

ボクは理由あって,「みんなの願いをかなえた」某T社製ミニバンでの出勤となったのですが,
この車も当然ながらスタッドレスなんか履いてなくて
比較的スポーティなサマータイヤを履いているのでよーく滑る滑る.
まぁ,ABSはもちろんのことTRC(トラクション・コントロール,一般的な名称はTCS)も
VSC(ヴィークル・スタビリティ・コントロール)も付いているので
滑りっぱなしということは無いけどね.
 
それでも,この車,アクセルペダルをちょっと踏むだけで
スロットルバルブをガバッと開くようないわゆる“早開き”セッティングになっているようで,
走りづらいったらありゃしないです.
ドライの時でもなかなか上品に走らせるのに神経使うのに,
こういう悪条件ではなおさらのこと.
勝手にドバッとエンジントルク掛けて,勝手に空転して,
勝手にTRC働かせてブレーキ掛けて,
ギクシャクしながらモタモタしてるという何とも哀れな車です.
T社は特にこういうセッティングが多いんだよなぁ.

何でこんなセッティングをするのかと言えば,
そりゃもう単細胞な人がちょっと試乗したときに,
「おっ! なんか速ぇ」と錯覚させるためであることは分かりきってることで,
そういう低レベルな騙しをすることに対してもなおさらボクは嫌悪感を抱くわけです.
 
日本じゃ200km/hでの安定性や
タイヤ鳴らして走る時のハンドリングなんて必要ないからそこを見切ることに
文句をいうつもりはないし,
そういうところで欧州車は…と言い出す自称自動車評論家の人の意見に
同調するつもりはさらさらないけど,
こういう日本の常用域で幼稚な騙しをするのは
約50%のシェアを誇るメーカーがすることじゃないと思うなぁ.

まっ,メーカーが悪いというより,
こういうこけおどしを好む日本人が大半=普通であって,
逆に異常な感覚を持っているのはボクの方だと言われるのを
百も承知でこれを書いているんですけどね.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

金山登坂~赤G編~

A061015_005
先日のニャンコでの金山ドライブウェイの登降坂ネタで,
1年以上も前に赤G(スバルff-1)で金山ドライブウェイを登った時に
オンボードカメラで動画撮影していたのを思い出しました.
 
特に味わい深い景色だったわけでもなく,スピード感溢れる走りでもなく,
さほど官能的なエンジンサウンドがあるわけでもないので,
なんとなくお蔵入りにしていたのですが,
金山ネタつながりで公開しちゃいましょう.

この時は子育て呑龍さん側つまり太田市街方面からでなく,
桐生・足利方面側から松風峠を越えて金山ドライブウェイを登りました.
 
峠とかドライブウェイとか名前だけは一丁前ですが,
まぁそんな大それた道ではないですけどね.

これがそのオンボード動画です.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金山降坂

 A080202_004

先日ニャンコで金山に登ったときに,
D-snapを取り付けてダウンヒルの動画を撮ってみました.
RAMマウントを使ってご覧のようにカメラを付けたのですが,
サスなしのニャンコ,しかも路面は舗装とは言えないほどの酷い荒れ様なので,
途中で外れたりしてしまいました.
おかげで2回半も登り下りするハメになり,いい運動になりました.

ちなみに,山頂に近い西山公園・西城駐車場から一時停止までの区間が
「金山ドライブウェイ」と呼ばれる道で,
以前にビアンキ・フェニーチェで下った時は2’56” かかりましたが,
今回ニャンコは2’48”なので少し速いです.
まぁ,どちらも死ぬ気でタイムアタックしているわけではないですけどね.
 
でも,やはり下りの楽しさという点ではニャンコは最高です.
超クイックなハンドリング,ダイレクトな横Gの感覚,もう病みつきになりそう.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

白い旅人

今日は計画的に有給休暇を消化すべく,ストライダでポタリングしてきました.

A080204_001 A080204_004 A080204_025
先ずは腹ごしらえとして,館林うどんを食べに行きます.
茂林寺のすぐそばにあるうどん屋さんです.
ここのは “まゆ玉うどん” といって繭,
つまり絹をすりつぶした粉がうどんに入っているという変り種で,
そういう意味では本来の館林うどんの味ともちょっと違うということになるんでしょうね.
 
注文したのは “なまず天ざるランチ” です.
その“まゆ玉うどん”,これは絶品! 
ツルツルそしてもっちりした食感がたまりません.こんなうどん初めてです.

平日の昼過ぎということもあって他の客がいないからか,
店長(健ちゃん…かなり年配の方です)が色々話しかけてきます.
繭をひとつ貰いました.
また,繭をすりつぶした粉も少し舐めさせてもらいました.
甘いんですね,パウダーシュガーみたい.
 
なんでもこの繭を持っているだけで健康になるそうな,店長さんは力説してました.
トルマリン,チタン,ゲルマニウムの次はシルク・パワーか?

A080204_010 A080204_009
さてと,満腹になったので分福茶釜で有名な茂林寺を抜けて,
茂林寺沼に行ってみます.
小さな沼で,白鳥は…茂みにたった1羽のみしか見つけられませんでした.
これでは寂しいので,もっと大きな多々良沼に行ってみます.

A080204_019 A080204_020 A080204_015 A080204_014
なんだか,時間がゆっくりと流れていくようで良いですねぇ.
と,ボーとしていたら鴨の大群が突然ボクの頭をかすめて一斉に飛び立っていって,
びっくりしましたけど.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪景色

A080203_001 A080203_003
昨晩未明から雪が降り,今朝はご覧のように雪景色となりました.

北関東に住んでいるけど,雪が降る/積もるのは
年に1,2回あるかないかという都内とほとんど同じレベルで,滅多に無いことです.
こんな日は,雪上ドリドリドライビング

ってのはウソで,スタッドレス・タイヤを持ってないどころか,
今まで一度も買ったことがないボクですから,
こんな日は一歩も外に出ないで引篭もっているのが一番ですな.
 
寒いの大嫌いだし.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金山登坂

A080202_005 A080202_003_2
一昨日昨日とニャンコのギヤ周りを変更したので,
早速試走ということで近くの金山城趾へ登ってみました.

金山っていっても,たかだか標高236m,
子育て呑龍のちょっと上の駐車場からは高低差200m弱,行程にして約3km,
ということは平均勾配が7%弱という,
まぁヒルクライムというにはおこがましいレベルです.
 
とは言え,最大勾配は15%を越えるので,
立ち漕ぎの出来ないリカンベント・トライクにとってはそれなりの試練ですし,
ローギヤ化になった効果を試すには手ごろなコースです.

で,結果は上々でした.最大勾配のところでも余裕を持って登坂出来ます.
余裕があるというのは有酸素運動の状態で登れるということです.
瞬間的に頑張ればもっと急坂も登れるので,
大概の坂ならこのギヤで登り切れる自信がつきました.
ちょっと理由あって2.5回も登ることになりましたし.
 
また,トルクを掛けている状態でのシフトも特に問題ありませんでした.

チェーンリング&スプロケット交換は先ずは大成功ということになりました.

 

それから,バックミラーの交換も大正解でした.
ブレもほとんどなく確実に後方確認が出来るようになって安心です.
特に登坂では後方確認してないと危ないですからね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カセットスプロケット交換

R080129_002 R080129_004
昨日のチェーンリング交換に引き続いて,
さらにワイド化・ローギヤ化とすべくニャンコのリヤのカセット・スプロケットを交換しました.

ニャンコのカセット・スプロケットは購入時は
シマノ105(CS-5600)の11T~25Tの10速が付いていたので,
これをローギヤとするには12T~27Tを選択することになります.
まぁ,これをそのまま付けても良いんですが,
これだとワイド化にはならずむしろ僅かにクロース化となってしまいます.
 
そこで,カセット・スプロケットのうちインナー側(大径側)の3枚だけをローギヤ化,
つまりに歯数の多いものに組み替えました.
21T/23T/25T→21T/24T/27T に変更となり,
最もアウター側(小径側)は11Tのままです.

この組み換えも自転車屋によっては推奨できませんと言われましたが,
特に変速には支障がないようです.
これも,もう少し高負荷状態での無理矢理シフトなどでは
微妙な差はあるのかもしれないですけどね.
 
ちなみにこの状態でのチェーンリングの歯数差は50-26=24,
リヤのスプロケットの歯数差は27-11=16,両方併せると40となり,
リヤ・ディレイラーのキャパシティ37をオーバーしてしまっています.
つまり,最小チェーンリングと最小スプロケットの組み合わせだと,
チェーンがダラ~と弛んじゃうってことですね.
でも,そんな変な組み合わせは使わないから“そんなの関係ねぇ”ってところです.
 
これで,最初の状態からのギヤ比(ロー)の変化は次のようになりました.

 クランク1回転で進む距離: 1.99m → 1.59m
 クランク70rpm時の速度: 8.3km/h → 6.7km/h
 ギヤレンジ(レシオカバレージ) 3.79 → 4.72

これで概ねMTB並みのワイドレンジとなりました.
さて,実際に走ってみるのが楽しみです.(けど,最近寒くてイヤだなぁ) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »