« ニャンコの走行性 | トップページ | そうしん »

ストライダの走行性

A071125_002 R071125_006
これまた,10日前のネタ,ラーメン屋「ぽれぽれ」に行ったときのことですが,
折り畳み自転車 ストライダの走行性をガーミンGPS速度計で測ってみました.

ストライダは見た目よりかなり速いです.
最高速は25~6km/hぐらい.
変速機がないので,それ以上は脚の回転が追いつかなくなります.
巡航速度は22~3km/h程度.
ダッシュ力はなかなかなので
ストップ&ゴーが多い街中でもアベレージ速度は案外速く,20km/hを超えました.

ストライダは小径,短いホイールベース,
さらにシート位置がかなり後ろで重心も後寄りのため乗るのにちょっとコツが必要ですが,
慣れてしまえばまったく問題ありません.
後寄りのシートのため,やや足を前に投げ出すような形でペダリングする恰好になるんだけど,
このことが足着き性と窮屈でないペダリングを両立させているんですね.
この手の街乗りチャリでは足着き性は大切だし,
股の前に斜めにフレームが反り上がるストライダでは
普通のチャリのようにお尻をシート前にずらしてから足を着くことが出来ないので
なおさらです.

それから,ストライダはチェーンではなくベルトドライブです.
一般的にはチェーンよりベルトの方が駆動効率が劣るとされていますが,
ストライダはそのハンデを感じません.
ダイレクトな感じはチェーンに負けますが,逆にマイルドで優しい感じの乗り味です.
このベルトの僅かな伸び縮みが,
ボクの未熟なペダリングのムラを吸収してくれているようで,スイスイと進みます.

いやー,ホントにストライダは偉大です.

|

« ニャンコの走行性 | トップページ | そうしん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/52310329

この記事へのトラックバック一覧です: ストライダの走行性:

« ニャンコの走行性 | トップページ | そうしん »