« ニャンコのトラブル | トップページ | ストライダの走行性 »

ニャンコの走行性

ニャンコことアメリカ・ビックキャット社(BigCat)のキャットライク・スピード(Catrike Speed)は
寝そべって乗るタイプの3輪車,つまりリカンベント・トライクです.

いちおう,リカンベントってのは寝そべっているので
空気抵抗が小さくて巡航速度は速い,
でも重力を使って漕ぐことが出来ないのでここ一番の瞬発力,
特に立ち漕ぎが出来ないので登りが弱いと云われています.
 
でも,2輪に対して3輪になるとその分だけ転がり抵抗は増えることになるので,
そこは平坦路でも登りでも不利になります.
また,3輪になって余分な機構が増えたりして車重が増えると転がり抵抗も増えるし,
特に登りではハンデとなってしまいます.

リカンベント・トライクでもロードレーサーと同じ700Cサイズのタイヤを
履いたものもありますが,
ニャンコはフロントが16インチ,リヤが20インチという
ミニベロと同じくらいの小径タイヤです.
一般的に自転車のタイヤは細くて大径なほど抵抗が少なく,
回転慣性があり,路面凹凸での失速も少ないとされ,
速く走るのに適しているとされています.
 
これに対し,モールトンをはじめとするミニベロは
その弱点を高内圧タイヤ+前後サスペンションで克服するという思想で作られています.
ちなみに,小径車=ミニベロとくくる人がいますが,折り畳み性やファッション性や単なる手軽さを重視した小径車はミニベロと呼びたくないんですけどね.

ちょぃと脱線しましたが,ニャンコはサスペンションも付いてないので,
そういう意味では転がり抵抗はあまり小さくはないでしょうね.
まぁ,タイヤは前後ともシュワルベのステルヴィオを履いているので,
タイヤ径の割にはマシなはずですが.

と,一般論の講釈はこの辺にして,実際にニャンコの走りがどうかと言うと,
はっきり言ってそんなに速くはありません(キッパリ)
 
ちょっとマシントラブルがあった状態ではありますが,
平坦路での巡航速度はボクの脚力だと25km/hぐらい,
瞬間的に頑張ると30km/h超えますが
この状態で走り続けることは不可能です.
つまり,ミニベロのビアンキ・フェニーチェに完全に敵わないということです.
まっ,ママチャリよりは速いですけどね.
 
空気抵抗に関しては,向かい風だとそれなりに抵抗を感じることからすると,
云われるほどリカンベント・タイプが有利ではないんじゃないかと思います.
カウリングを付ければ話は別でしょうけどね.
ただ,横風に対しては強く,進路がふらつくこともほとんど無いし,
横風で失速することもほとんどありません.
これは,3輪であることと低い姿勢が効いているんでしょう.

リカンベントと普通の自転車では身体の筋肉の使い方も微妙に違うはずで,
まだニャンコの走らせ方も分かってないし,身についてないし,
筋力も鍛えられてないので,今後はもう少し速く走れるようになるかな~.
 
だといいなぁ~.

|

« ニャンコのトラブル | トップページ | ストライダの走行性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/52310330

この記事へのトラックバック一覧です: ニャンコの走行性:

« ニャンコのトラブル | トップページ | ストライダの走行性 »