« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

ビショビショ・スペース

M071030_001

このクルマは“ビジョスペース(VISIOSPACE)”という
広大なガラスエリアによる視界の良さと開放感が売りで,
実際に今までの車にはなかった新鮮な視界感覚をもたらしてくれて,
ボクも大好きなのだけど…

夜露でびしょ濡れになったまま出かけようとすると,
フロントガラスはワイパーでクリアにできます,
サイドガラスもパワーウィンドゥを開け閉めすればクリアな視界が得られます,
けれどもこのデカイ三角窓はどうしようもありませんね.
 
このままでは交差点の右左折で死角が大きくとても危険なので,
結局車外に出てウエスで拭くかゴムヘラなどで水滴を取らなければなりません.
 
やっぱり,Aピラーはある程度立っていて
A’ピラーとか三角窓なんてない方が視界が良いのかもね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TMS番外編

A071029_001 A071029_066
昨日行った東京モーターショーの駐車場にて.
A-bikeで何処から来たのか? それとも会場に乗り入れようとして断念したのか?
と,生活感漂う三輪車

A071029_037
日本では自動車のブランド名のついたチャリは割高でも売れるんだそうだが…
チェーンリングだけはロメオっぽいかな.

A071029_027
パーソナルモビリティならコイツだ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TMS2007

P1080202
義務感に駆られて(笑),久しぶりに東京モーターショーへ行って来ました.

P1080217
なんか終わってるなぁ.

P1080249_2
残念ながら,こういうキャラは今の世の中じゃウケないんだろうなぁ.

P1080225
おっ,見覚えのあるメーター.日本精機製なんだ.

P1080239
市販されてる? まっ,市販されてても買わないけど.

今回はエビちゃんで行ってきました.
渋滞知らずで,燃費も良いし,高速道路代もちょい安いし,
さらに二輪車駐車場に停めることができてラッキーでした.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャットライク・シェイクダウン

A071028_004 A071028_002
早速,HPVトライク(Human Powered Vehicle,要するに人力三輪車)の
キャットライク・スピードに乗って,近くのお蕎麦屋さんに行ってみました.

塩蕎麦がおすすめということで,食べてみました.
3種類の塩を振りかけて水ですすります.
右の白い塩は沖縄産の美ら海の塩とのことで,苦りが多いのかやや苦い塩です.
蕎麦とはあまり合わないと思いました.
真ん中の赤みがかったのはパキスタン製のピンクロックソルトです.
少し辛味があるので蕎麦の味付けには良いところです.
右の黒っぽいのは茨城県日立産の藻塩とのことです.
藻塩ってよく知らないのですが,
まろみのあるしょっぱさで蕎麦の風味を損なうことなく
一番美味しく食べることができました.
 
蕎麦湯もとろ~りとした喉ごしで美味.満足.

で,キャットライク.
走行フィーリングはまた後ほど整理して書きますが,
とりあえず普通に一般道を走れます.
さすがに自動車の往来の激しい国道は避けて通りますけどね.
 
と同時に,やはり相当に目立ちます.
エビちゃんやA-bikeの比ではありませんね.
上を向いているということもあるけど,グラサンは必需品です(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三輪車 第3弾

A071027_003

台風接近で強い風雨の最中,世田谷まで行って受け取ってきました.
ピカソを借りておいて良かった.今夜はこのままにしておこう.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

代行

A071026_005
今晩は(実は書いている時点でもう昨晩のことですが)職場の宴会でした.
たらふく呑んで食べて笑って,楽しい宴でした.

ただ,外は生憎の雨だったためチャリでの行き帰りは敬遠し,
プルプルで行って,帰りは久しぶりに代行のお世話になることにしました.
 
携帯電話に登録してある“み○ま代行”に電話すると,
「あぁ,○○さんね.久しぶりですねぇ」と妙に馴れ馴れしい反応.
本当にボクのこと覚えているのかな?と,ちょっと懐疑的ですが...
でも,以前に何回か運転代行してくれたオッチャンのイメージと重なる声なのも確かです.
このオッチャン,かなり癖のあるロメオ33でも
あっさりとウルトラスムーズに運転してくれた相当に凄腕の方でした.

で,待つこと暫し.
到着した代行・追従車には何故か“エ○ス代行”と書いてある.
聞けば,合併したばかりでまだそれぞれの名前で営業しているそうで,
今晩の若い運転手さんも“み○ま代行”出身だけど
“エ○ス代行”の車を使っているとのことでした.ややこしい.
 
それで,以前の運転上手なオッチャンはどうやら社長だそうで,
その人は本当にボクのことを覚えていてくれたようです.
ちょっぴり嬉しい気分です.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラジコン耐久戦の動画

日曜日のマッハ1でのラジコン耐久戦の時に撮った動画です.
残念ながらオンボード動画ではありません.
ズームの無いD-snapでの撮影なのでほとんど点にしかマシンが分かりませんが,
真っ赤なのが我らのマシンです.

各コーナーの定点で撮影したのがこちら.

 1Lapを追ってみたのがこちら.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか変なの

A071021_029
日曜日のラジコン6時間耐久レースのコース脇にて.

バランス感覚まで狂いそうな感じもするけど...
メリットは何だろう?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

エエbikeはエエのか? 2

3~4km離れたレンタルビデオ店まで,A-bikeで行ってみました.
この距離はA-bikeでは結構辛いです.
まぁ,ヘトヘトになるってわけではないですが,
途中で普通の自転車でこればもっと楽に早く着くだろうと後悔することになります.
それよりなにより,周囲の好奇の目が刺さります(笑) エビちゃんの比ではないですね.

で,帰り道,4分の1も来てないところで,なんかペダリングが重くなりました.
よく見たら,後輪パンクしてます.心当たりはないのにぃ.
 
そこから,歩いたらかなり疲れました.
ってことは,やっぱり歩くよりはA-bikeはエエってことですね.
ちなみに,A-bikeはとっても軽いので持ち運ぶこと自体は大変ではありません.

ところで,このA-bikeのパンク修理は無茶苦茶大変です.
超小径リム,硬いタイヤ,窮屈なチューブ,相当に格闘しました.
もうやりたくない.
 
また,パンクの原因ですが,
どうやらチューブが捻れてこすれて孔が開いてしまったみたいです.
ってことは,最初に組んであったときからチューブが捻れていたのか? 
うーん,そうかも知れない.

ちゃんと孔を塞いでタイヤ組み直したら,
今まで面ブレしてたのも随分と少なくなり,走りも軽くなりました.
やっぱ,最初からチューブ捻転してたんだ.やっぱ,まがい物だったのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フォーミュラー1

人それぞれ好き嫌いがあって,色んな意見があるでしょうが...

最終ブラジル戦は久しぶりにワクワクさせてもらったし,
しかも結果はキミ・ライコネンの優勝&シリーズ・チャンピオン獲得となって,
おもわず「ガッツポーズ」!
フェラーリ好きだし,キミも好きだしね.

ボクの好きなクルマってのは,身近で実用的で,
でもどこか愛すべきキャラクターや面白みがあるクルマだけど,
F1ってのはそんなクルマとは全く違ったシロモノだから,
逆にそんなクルマとは全く接点がない方がボクにとってはいいんだよね.
 
以前のブログにも書いたけど,
大衆車メーカー(ブランド)がF1に参戦するのに抵抗感があるのは
こういう理由なんですね,たぶん.

F1にスポンサードするのも,シャシーにせよ,エンジンにせよ,
タイヤにせよF1に参加するのは,
企業であるから慈善事業じゃなくてイメージアップも含めた宣伝活動なのは
当たり前のことでしょう.
まさか,今どき,F1を単に好きなだけでやる(やれる)企業はないし,
F1の技術が市販車に応用されるなんて本気で考えている人もいないだろうからね.
 
どんな宣伝活動をしようがそれはその企業の勝手なのは分かっているけど,
それでも大衆車メーカーが安い自動車を売りまくって儲けた金をつぎ込んで
F1で宣伝して,そのイメージで安い自動車をさらに売りまくろうってのには
反感持つんですね.
 
何度も書くけど,“安い自動車”ってのは決してバカにした言い方じゃなくて,
ボクの好きなクルマ=安グルマって意味です.

自動車メーカー系ではないコンストラクターズには抵抗感はないです.
でも,エンジン・サプライヤーってのはだからナニ?って感じ.
エンジンったってたかが一部の部品に過ぎないでしょ,ってのがボクの考えだから.
ボクはエンジンを見たいんじゃなくて,芸銃的なF1マシン,
F1パイロットのドライビングを見たいんだからね.
 
ベンツにしろ,BMWにしろスポーツカー・メーカーじゃなくても,
いちおうプレミアム・ブランドと言うほどで,
まぁ大衆車ブランドじゃないからF1やってるのにまだ抵抗感は少ないけど,
所詮は単なるエンジンサプライヤーだし.

そんなわけで,結局フェラーリしかないんだよね,ボクが心底応援したくなるチームは.
そして,そのフェラーリを駆るドライバーしかないんだよね,
心底応援したくなるドライバーは.もうウン十年もこんなんだからね.
 
だから,もう一度書かせて,
「おめでとう,キミ・ライコネン.おめでとう,フェラーリ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶっつけ本番

A071021_022_2 A071021_015_2

今日は,ラジコン・ショップの「マッハ1」主催のMクラス6時間耐久に
MSC-CLUBのメンバー3名(JRAさん,モトサスさん,プロフェッサーさん)とともに
参戦してきました.

Mクラスということで,シャシーはM03かM04かのいずれか.
安定性では当然ながらFFのM03が有利ということなのか,
7台出走のうち6台もがそのM03.
残る1台がMR=後輪駆動のM04なのだが,それが我らの参戦マシンです.
うーん,実車でもラジコンでもFF好きなボクとしてはちょっと萎え萎え.
 
まぁ,狙いとしてはFFのM03よりMRのM04の方が
駆動系トラブルが圧倒的に少ないということと,
同じタイヤならM04の方が少しハイギヤードなので
モーターが540に限定されている以上ストレートが速いということなんですけどね.

ちなにみ,ボクはこのコース初めてなんですよ.
というよりも,アザミ以外のコースでまともに走らせるのは初めてなんです.
初めてのマシンに初めてのコースでかなり萎え萎え.

ぶっつけ本番でかなりぶっつけました.
ボクだけがぶつけたわけじゃないけど,ボクが一番たくさんぶつけたのも事実です,
ハイ,すいません.
 
なので,ゴール後はこんな可哀想なことに.(↓)

A071021_032_2

スタート直後はマシン・バランスもだめだめだったのが,
タイヤ交換したり,走行する間にモーターの慣らしが済んだりしたのか,
快調になって,最終的には3位でフィニッシュすることができました.
めでたし,めでたし.というか,皆さんありがとうございました.

A071021_030_2
夕暮れのゴールは感動的だねぇ,ってほど権威あるレースではないですけどね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地層たんけん

A071020_002 A071020_009

栃木市星野町に星野遺跡記念館と星野遺跡地層たんけん館というのがあります.

って,わざわざそこを目指して行ったわけでもないのですが,
エビちゃんで当てもなく走っていたら案内看板を見つけて寄ってみました.
 
記念館の方は,カビ臭いです(笑).客は誰もいません.
管理人の人があれこれ親切に教えてくれますが,さっぱり分かりませんでした.
 
地層たんけん館はそこから歩いて500mくらいのところにあって,
約10mの深さで掘った関東ローム層の横縞模様を見ることができるらしいのですが,
「施設修理のため当分の間,休館となります」だそうです.ちょっと残念.

しかたないので,そのまままた大越路峠を通って(でも,面倒なので動画撮影はなしで),
途中て蕎麦を食べて…

A071020_011
これまた残念ながら新蕎麦にはちょぃと早過ぎでしたけど,
それでも香りの強いおいしい蕎麦でした.

それから,粕尾峠を越えて足尾に抜けて帰ってきたんですが,
またまた残念ながら紅葉はまだ始まったばかりというところでした.
まぁ,昨晩の雨+落ち葉の路面コンディションで
エビちゃんを十分に堪能しましたので満足ですけどね.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

脳内メーカー

いまさらな感ですが,
サイクリスト向けの“サイクリスト成分分析機”なるサイトを見つけたので,
早速やってみました.もちろん,本名でです.

Nounai

先日のブログで散々気負い過ぎな感じは嫌いだとか書いておきながら,
このイメージはなんなんだ!
 
アグレッシブかつストイック過ぎるではないか.これがボクの本性なのか?

それでも,このイメージとは裏腹に物欲炸裂でこんなのも欲しくてたまらないのだ...

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ブーム

A071017_002
いつもお世話になっている自動車屋さんに行って,
ラリっ娘の雨漏り対策の修理代を支払ってきました.

その時に,たまたま自転車の卸をしている方が来ていて,
ついつい自転車話になりました.
やはり,最近はロードレーサーがブームらしいです.
いまや,マウンテンもミニヴェロ(風)なのも,
そこら辺のディスカウント・ストアでそれっぽいのが大安売りしてますから,
飽きられたと言うか,通ぶれないって感覚が漂っているのかもしれないですね.
以前にも触れたけど,ボク的にはレースするわけでもないので
ロードレーサーってのはちょぃと気負い過ぎの感じがして似合わないなと思ってるわけですが,
それでも財力と保管場所に制限がなければ一台あっても良いかな…なんてね.

でも,やっぱりボクの今のマイ・ブームは三輪車なんだよねぇ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

魔女狩り

R071016_001
“魔女狩り”ってのは,
「あちこちのスーパーマーケットなどを回って,
カバヤの菓子付きミニカーであるマジョレットを買い漁る行為」
のことをボクが勝手に名づけて呼んでいるのですが,
先日のフレンチ・ブルー・ミーティングの往復でもその魔女狩りをしてきました.

最近の掘り出しモノはこんな感じです.
シトロエン・クサラ・WRCクロノス・レーシング仕様:やっと見つけました.
2006年モンテカルロ・ラリー仕様でローブが乗ってたマシンです.
マジョレットではとても珍しく,ドライバーとコ・ドライバーの名前まで書いてあります.
 
シトロエンC4スポーツはラリー車風とでも言ったらいいのかな.
ルーフ・ベント,リヤスポイラー,前後バンパーなどがノーマルのC4とは異なっています.
 
最後は一見,シトロエンC1の新色かと思いきや,プジョー107でした.
ちなみに,シトロエンC1は赤,白,クリームイエローの3色を確保してあります.

その他,Newパンダは白,黒,水色,黄色,紺メタと5色も揃いました.

しかし,もう150個近くにもなってしまいました.ちょっと多過ぎかなぁ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寄り道

A071013_002 A071013_005
昨日の日記とは日付順序が逆転してしまいますが,
13日はFBM@車山高原へ向かう途中にちょぃと寄り道をしてみました.

『道の駅・みょうぎ』,ふつう道の駅というと幹線道沿いにあるものだけど,
この『みょうぎ』は国道18号と国道254号の間の狭い峠道沿いにあります.
そこまでの往復でもあまり対向車とは出遭わないくらいの“閑散道”沿いです.
 
おかげでラリっ娘でのbosoも楽しめました.

さて,この『みょうぎ』の駐車場からは上左の画像のように
関東平野を見下ろすことができて,
なかなか見晴らしが良いところです.
下調べでは温泉があるようだったのですが,
道の駅そのものには温泉はなくて少し離れたところに
『妙義ふれあいプラザもみじの湯』という市営の温泉施設がありました.
 
道の駅でFBM前夜祭後の酒宴に備えて酒のつまみになるものを買ってから,
その温泉へ向かいます.

温泉の駐車場からは日本三大奇勝のひとつである妙義山を
大迫力で見ることができます.
もちろん,駐車場からだけでなく,露天風呂からも同様に見ることができます.
こんな雄大な景色を眺めながらまったり温泉に浸かっていると,ほんとに癒されます.
 
中途半端な昼時ということもあってか2~3人しか客もいなくて,
そういう意味でものんびりできました.
 
紅葉の時期にもう一度行ってみたいですが,きっと激混みなんだろうなぁ.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

FBMへ行って来た

昨日,今日とFBM(フレンチ・ブルー・ミーティング)へ行って来ました.
’94年から欠かさずに毎年行ってますが,徐々に雰囲気は変わっていってますね.

A071014_009
でも,こんなところは以前のまんま.ボクの好きなFBMらしい部分ですね.

 

A071014_015 A071014_016
毎年,ミニカーなんかを買って散財してしまうFBMですが,あぁ今年も…
我慢できずにまた3輪車を買ってしまいました.
3輪車がマイブーム(死語)なんです,今年のボクは(笑).
でも,万が一にもコレの実物が発売されたらラリっ娘の代わりにしちゃうかもね.
 
もうひとつ,レアもの発掘でアルファロメオ33ストラダーレなんかも買っちゃいました.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

FBMなのにぃ

さて,今日・明日はフランス車乗りの国内最大お祭り(?)である
FBM(フレンチ・ブルー・ミーティング)です.

R071013_001 
今朝,洗車して,荷物を積み込んでからいざ出発と考えていたんですが,
洗車しようと思ったら,ら,ら,ら,あらら~,
右サイド・ウィンカーがグラグラ,ラ,ラ,ラ~♪
 
いつの間にか爪が折れてます.

 
とりあえず,両面テープで貼っておきました.

さぁ,洗車だ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雷電廿六木ループ橋

A071007_023
先日の“さんりんしゃオフ”にエビちゃんで行く途中,
雁坂トンネルのちょい手前(埼玉県側)にある,
雷電廿六木橋という360゜のループ橋をオンボード動画を撮影しながら通りました.
のんびりツーリングでの動画なので迫力はありませんが,
自然の中で異彩を放つ人工建造物であるループ橋とダムの風景を
堪能することができると思います.
 
ちなみに,上の画像は帰路に撮影したものです.

 
さらに,おまけとして集合場所である道の駅「みとみ」に到着した時の動画も載せましょう.
ループ橋ではないですが,180゜回り込んだ橋を渡ります.

 

さて,明日からはFBM@車山です.朝のんびりしてから出発するかな.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ベスト/ワースト ○スト?

今日は朝からC4ピカソで某所へ出社.
でも,色んないきさつで帰りは某軽自動車.
小さい車は好きだから,軽だからと言って嫌がることはないけどね.

軽なのにドアなんか「バスッ!」と重厚な音でしまるのにまず驚きました.
ターボ付きのスポーツ・グレードという位置づけだからなのか,
走り出しからトルクの余裕を感じるし,
舵力もずっしり重く,足も締まった感じで,まるでドイツ車のごとき.
って,ドイツ車嫌いのボクがこう書くってことは皮肉で言っているわけですけどね.
 
常に内蔵がヒクヒク揺すられるし,
そのくせヒョコヒョコ前後左右に頭振られる忙しない乗り心地,
轍や路面の凸凹のたびに左右に取られるハンドルと
直進付近でやたら重くて修正舵もやりにくいワザとらしい電動パワステの味付け,
もう一瞬にして気分が萎えました.
 
これで,150万円もするのだというからビックリです.

 

ところで,その某所はボクの嫌いな黒煙モクモクのダンプが
いっぱい砂利運んでるところなので,
そういうダンプを見るとすかさず外気導入から内気循環に切り替えます.
 
なのに,この軽自動車,内外気の切り替えボタン(またはレバー)も表示も
見当たらないんです.
走りながら一生懸命探しましたが,見つかりません.

R071011_001 運転手のボクの目線だとこんな感じです.

しかたないので信号待ちで止まった時にじっくりと確認してみました.
ら,ありました.

R071011_002 身体を左に寄せて見ればこの通り.

赤い矢印を付けたボタンがそれです.
運転手の目線からだとセレクトレバーの影になって全く見えないんですね.
ちなみにボクの体型はほぼJM50に近いので,
平均的な日本男性の体型&ドラポジなんですけどねぇ.
 
どうして青い矢印の辺りに付けなかったのか? 
意匠優先なのか? いやー,お世辞にもカッコイイ内装とは思えませんが…
 
空調関係の操作の中で,一番瞬時に操作しなければならないものが
内外気切り替えだという意識,
その操作性・視認性をきちんと確保するという意識が全くないんでしょう.
まぁ,それでも売れるんだからね.

その後の会議で,
「内外気切り替えボタンを咄嗟に押そうとすると,
すぐ隣のボタンまで一緒に押してしまいそうになるから,どう改善しようか」
なんてことを真面目に考えるのがバカらしくなりますな.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10月10日は

いまだに本日10月10日は体育の日=運動会の日という意識が拭えません.
だって,生まれてもの心ついた時から,10月10日は体育の日であって,
小学生の頃からずーとその日に運動会があったからねぇ.
 
そして,10月10日は何故か晴れの特異日.
だから,運動会が雨で延期になった記憶は全くありません.
なにせ,体育の日は東京オリンピックの開会式にちなんで制定された祝日だけど,
その東京オリンピックの開会式そのものが晴れの特異日ということで
10月10日に決まったのだと言うから,当然のことだろう.

ところが2000年よりハッピーマンデーとかいう変テコリンな制度になって,
体育の日は10月の第2月曜日となってしまいました.
案の定,雨が多いんだよね最近の体育の日.
 
今年も体育の日はグスグスした天気.でも,本日10月10日は気分爽快の秋晴れ.

って,本題は体育の日ではなくて,「目の愛護デー」です.
10月10日を横にして,
      ― ―
      ○ ○
で,目なんだそうだ.

というわけでもなく,たまたまだと思うけど,本日職場で目の検査を受けてきました.
いや~,たとえ自覚していても,実際に計測して数値で見せられると衝撃的ですねぇ.
 
近点視力が0.2~0.3.要するに老眼です.
近くにピントが合わせられないわけですが,
通常の視力検査と同じ機器で引き続き測定するのに,
急にまったく見えなくなってしまうので「この機器,
壊れちゃったんじゃないの?」とマジで思ったほど.
 
「ちゃんと老眼鏡を使って目に負担を懸けないうに」との忠告もいただきました.

こうやって,ブログ書いたりしてるのも目に悪いんだよなぁ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

狼少年

明日のメディア解禁の前に富士重工のホームページで
東京モーターショーの出展概要がプレスリリースの形で掲載されました.

1995年の第31回東京モーターショーに出展した
ワゴン派生の3列シートがα-EXIGA.
それから,何度このようなコンセプトカーを出したのだろうか.
 
出るぞ,出るぞ,と言って全く出ない.まさに,イソップ童話の狼少年のよう.

だから,巷では色んな怪情報が乱れ飛ぶんだねぇ.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤ交換

A071008_001
ビアンキ・フェニーチェのタイヤを交換してみました.
以前にも少し触れましたが,
このフェニーチェはWOのリムで20×1-1/8サイズのタイヤなので,
普通のミニサイクルなどの20インチ・タイヤは使えなくて,
かなり選択肢が限られます.同じ20インチでも外径が全然違うんだよね.
 
初めから装着されていたのは,
プリモ・コメットでこれもそんなに評判が悪いタイヤではないのですが,
そこそこ磨り減ってきたしフラット・スポットも作っちゃったので,
ドイツ製のシュワルベ・ステルビオにしてみました.

タイヤ自体の質量はほとんど同じで,
厳密に測ってみると僅かにプリモ・コメットの方が軽いです.
ただ,実際に履いて走ってみると,
同じ空気圧でもステルビオの方が断然よく転がり,軽快な感じです.
乗心地はちょっと硬い感じとなりますが,グリップは良いようです.
 
とりあえず,タイヤ交換は吉と出ました.

 

さて,話題は変わりますが,たまにはめている腕時計,
lipのMACH2000の電池が切れてしまっていたのを思い出して,
電池交換をしてもらいに出かけました.
近くのホームセンターでは「出来ませ~ん」と断られてしまったので,
いざアピタの専門店街へ.
ところが,午後3時ぐらいだと言うのに『休憩中・40分まで』と殴り書きのメモが貼ってあって,
開店休業中でした.
 
仕方がないので,近くの自転車屋さんを覘いて時間潰し,
と思ったら店長らしき人にさかんにロードを勧められて,完全に時間を潰しました(笑) 

ボクはレースするわけでもないし,そんな長距離ツーリングもしないので,
ロードは要らないんだよなぁ.
別に要らない性能を持っていてもいいんだけど,
あのなんか「気合いはいってまっせ!」てな感じが苦手なのでね.
クルマでもスポーツカーってのが苦手なのと同じかな.
 どこかに軽~い感じ・緩~い感じが欲しいんだよね.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さんりんしゃオフ

A071007_014
旧知の皆と,さんりんしゃオフを開催しました.
参加者は7台,と言っても3輪車はエビちゃんも含めてたったの2台だけですけどね.

集合場所は雁坂トンネルを山梨県へ抜けてすぐの道の駅「みとみ」.
朝,6時にスタートしたけど外気温11~13゜Cで寒い寒い.身体ガチガチです.

A071007_017 A071007_015  A071007_022
「みとみ」でたっぷりうだうだした後,皆で昼食へ向かい,
山菜料理の「かわうら」というところで,山菜ほうとう+てんぷらを食します.
 
てんぷらは普通に美味しいです.
とにかく身体が冷え切っていたので,
蕎麦よりほうとうの方が暖まるだろうということで注文しましたが,
その意味では十分満足できるものでした.
ただ,山菜の素朴さを味わうのに.
ほうとうと言う煮込み系が似合うかどうかはちょっと疑問が残りますね.

A071007_027 A071007_028
帰りも雁坂トンネルを通ってきましたが,途中温泉に寄って冷えた身体を温めてきました.
この温泉,日曜の夕方とあって随分混んでたのと,
フル・タトゥーの方が何人もいたのでのんびりという気持ちにはなれなかったのが残念です.

A071007_028_2
今まで思ったよりも峠の走行が少なかったので,
その後はちょっと幹線道から外れたルートで帰ろうと思い,
長瀞から児玉に抜ける県道287号線を抜けて来ました.
 
実はこの道は2輪車通行止めの道なんですね.
エビちゃんは3輪車なので法律的には全く問題なく通行できるんですが,
実際に走ってみて,「どうして2輪車通行止めなの,
普通の峠道だし,生活道路じゃん」って感じでした.
2輪車だけを締め出す理由が全く理解できないです.

本日の走行距離は約240km.下道オンリーとしてはちょうど良い距離でした.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

MSC 第8戦

R071006_003
本日はMSC-CLUBの2007年シリーズ第8戦がありました.

例によって,参加者5名と寂しいです.
ボクの結果は予選2位,決勝2位とまずまずのものでした.

画像は,昨晩から突貫ででっちあげた,
シェブロン製スバル360(サブロク).
かなり深絞りでそれなりの雰囲気のある造形になってます.
フロントの下部あたりがイマイチ袴みたいですけどね.
 
色はタミヤカラーの新色・PS52シャンパンゴールドアルマイトというので塗ってみましたが,
この塗料はかなり透けるのでムラにならないように細心の注意が必要のようです.
最初にいい加減に塗りはじめてしまったので,
失敗&後悔するはめになってしまいました.
まっ,走らせている分には分からないからいいか.
 
ワイドタイヤ&スポークホイールはちょっと似合わないですね.
タイヤの選択肢はほとんどないんだよなぁ.

このサブロクはABCのジェネティック・シャシーに搭載しています.
どうみても,空力的にリヤのダウンフォース不足のスタイルですので,
まともに走らせられるかどうか心配でしたが,
27Tのモーターなら十分に安定してます.
23Tだとちょっとシビアになりそうですが,
それよりもサブロクらしいほのぼのとした雰囲気がスポイルされてしまいますね.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

頭文字 F

レクサス IS F ってグレードが発表になったらしい.

この車自体には全く興味がないが,この記事にはひっかかる.

>>F1日本グランプリでの生々しいタイヤ痕が残るサーキットでは、
>>メディア関係者の同乗試乗も行われた。

さすが天下のブリヂストン・タイヤ,あんなウェットでもタイヤ痕が残るんですね.
って,皮肉っても可哀想ですが.
 
まぁ,金曜のフリー走行はドライでしたけど,
あのコンディションでの予戦・決勝レースの後ではねぇ.
トヨタの思惑は大外れしてしまったようですね. 

IS F の “F” は富士スピードウェイの頭文字のFだそうで,ハァ~

こういうことやりたいなら,F-1もレクサス・ブランドでやればイイのに.
大衆車ブランドでF-1やってるのって嫌悪感抱くんだよね.
 (大衆車が好きだからこそそう思うんだけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エエbikeはエエのか?

A071004_001
購入してから2週間ほど経ち,ちょこちょこと近所を乗ったA-bikeです.

届いたままで早速乗った時は,無茶苦茶重くてこれは筋トレ・マシーンか!
と後悔しましたが,
タイヤ空気圧を適正にしてブレーキ調整をして
各所にオイルを点したら随分とマシになりました.
 
でも,そのタイヤに空気入れるのがこれまたひと苦労なんですよ,このバイクは.A071004_002  
こんなに小さいタイヤとリムの中で米式バルブが折れ曲がって装着されているんです.
特に後輪はチェーンケースが邪魔して,
バルブキャップを外すだけでも指が攣りそうになります.
無理にこじるとバルブの根本からチューブをダメにしちゃいそうですし.
実際にはラジオペンチでそっと摘んでチビチビと外すことになりました.
 
たまたま持っていたL字型のジョイントを付けて空気入れにつなぎましたが,
多分そのL字型ジョイントが無かったら空気をいれられなかったんじゃないかと思います.

ブレーキは上の画像の右側のようにむき出しのバンド・ブレーキです.
激しく偏芯しているので,かなりクリアランスを取らないと走行抵抗になってしまいます.
この調整は普通の自転車同様にレバー側で簡単に出来るのが救いですけどね.

で,走ってみると,それでもまだまだ手強いです.
ライディング・ポジションは予想外にゆったりしていますが,
Λ型のサドルはちょっと落ち着かないです.
 
平らな路面の道では,なんとか真っ直ぐ走らせられますし,
まぁ歩くより楽に速く走らせられます.
が,歩道の段差などではかなり緊張しますし,失速も大きく疲れます.
 
まぁ,近所のコンビニまでとか,駅までとか,
あるいは少し離れた駐車場まで乗っていくという使い方なんでしょうね.
あるいは,サーキットなどのイベント会場での移動用には良いかもしれません.

そういう意味では,ストライダとは上手く棲み分けができそうです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のアルバム

今日はネタが無いので,
先日行った“伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館”にて撮影した画像を
アルバム JET-PHOTOへアップして整理しました.

こちらです.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ゴミ排出車

A070929_001
こりゃ,ゴミ収集車じゃないね.

PM排出しまくりだけじゃなくて,
ブレーキランプのレンズも割れてるし,明らかな整備不良車.
 
夕方にゴミ収集はおかしいし,白ナンバーで,私有車.

オープンカー乗り,トライク乗り,チャリ乗りにとっては我慢ならん.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

YERAのインプレ

昨日,LOROに行ったときもユピテル・イエラを使いました.
熱線反射ガラス装着のプルプルで雨の日に首都高・ビル街と厳しい条件でも使用してみて,
ナビとしてのインプレをまとめてみました.

まず,位置精度というか,
車速信号なしジャイロなしなのでGPS性能だけに依存するわけですが,
ほぼ問題ありません.
当然ながらトンネル内は動きませんが,トンネルから出ると即座にGPS捕捉するので,
首都高でも,ビル街でも特に自車位置を見失うことはないです.
少なくとも今まで使っていた旧いパナのHDDナビ(これもGPSのみで使用)より
格段に性能は良いようです.
 
けれど,首都高高架下の一般道を延々と走るのはさすがにダメです.
突然,首都高を走っていると判断したり,道路に対して斜走したりしてしまいます.
まぁ,これは仕方ないと思いますが,
問題なのはそれが続くとエラー表示になって再起動になってしまうことです.
これはバグでしょう.早急に対策して欲しいですね.

ルート探索に関しては200kmを超えるようなルートの場合は
かなり時間がかかります.
気長に待つことが必要のようです.
リルートは早いですが,かなり単細胞的なリルート探索です.
 
出発地も自由に設定できるのは嬉しいですが,
経由地を設定できないのはかなり不満.
ルートは,推奨/有料優先/一般優先の3つから選べるが,
別ルート探索は出来ないので,気に入らないルート設定を回避しにくいですね.

その他,気になるところは,
・たまに右左を間違えて案内する.
・お気に入り登録は,あらかじ用意されている登録名称(自宅,会社,公園,温泉…)から
 選ぶだけしかできないので,幾つも登録するとどれがどれだか分からなくなる.
  ⇒せめてパソコンで編集できるようにして欲しいですね
・施設検索がショボショボ.例えば,コンビニで検索しても,
 何故かサークルK/サンクス/ポプラの3系列しか出てこないってどういうこと? 
 ガソリンスタンドの検索もできないし.
 地図上には7-11もセイコーマートもガソリンスタンドも表示されるんだけどね.
 情報量が少ないというより,ソフト上のバグなんじゃないかな.
・目的地までの距離と到着予想時刻が,停止中には表示されない.
 信号待ちで止まって確認しようと思っても“--km”なんて表示なのは….
 使い勝手悪すぎです.
・交差点右左折案内などでの「まもなく…」のタイミングがどうも安定しない.
 細い路地が何本もあるところだと迷うことが多い.

と,まぁいろいろ不満点を書きましたが,
ガジェットとしてはまずまず使えるというのが総合的な印象です.
もう少しバグ取りをしっかりやってくれたり,
パソコンとの連携を考えてくれると格段に使いやすくなると思うんですけどね.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »