« おもちゃと人形自動車博物館 | トップページ | 第3回シトロエンC3プルリエル・ミーティング »

イエラ装着~四輪車編~

R070922_006 R070922_001 R070922_005
明日は“第3回シトロエン・プルリエル(がメインの)ミーティング@朝霧高原・ふもとっぱら”
なので…というほどではありませんが,ユピテル・イエラをプルプルに装着しました.

1DINサイズの小物入れの側面にRAMマウントの“バイクベース”をボルト留めして
(中央画像),そこから長めの“5インチ・アームパーツ”を介して取り付けました.
かなり操作しやすい位置に取り付けることが出来ています.
 
左の画像にてオレンジ色の矢印のところ,
ダッシュボードの前端にレーダー探知ユニットを
例によってマジックテープで貼り付けるようにしています.
レーダー探知ユニットへの配線は助手席側のダッシュボード・アッパー・ポケットの蓋を
少し削って(右端画像)収まりを良くしてあります.
まぁ,そこそこすっきりついたと自己満足してます.

ところで,プルプルのフロント・ウィンドシールドは熱線反射ガラスなので,
GPSもレーダー探知も何にせよ電波は通しません.
イエラのこの取り付け状況では,
GPSは幌とリヤビュー・ミラー両端のセラミック加工部分から捕捉することになります.
速度取り締まりレーダー電波はフロント・ウィンドシールド下端の
熱線反射になっていないところから捕捉することになります.
 
さてさて,そんなにうまくいくでしょうか?

とりあえず,GPSについては問題なく捕捉できているようです.
イエラ起動直後の衛星捕捉までの時間は少々かかりますが,
今までの旧いパナソニックのHDDナビが3~5個の衛星捕捉がやっとのところを,
イエラは7~9個は捕捉していて自車位置を見失うことはほとんどありません.
さすが,最新のGPSエンジンは凄いですね.
 
速度取り締まりレーダー波に対してはそういう状況に遭遇してないので
判断できませんが,
まぁ今までのレーダー探知機もこんな感じで取り付けていたので大丈夫でしょう.

 

R070915_005_2 R070912_001_2 
プルプル以外でのイエラ取り付けとしては,
ラリっ娘は以前に報告済みですし,
赤G(スバルff-1)もフロント・ウィンドシールドに吸盤で簡単に取り付け可能なことを
確認済みです.
 
これで,必要とする全てのクルマに装着可能となりました.

|

« おもちゃと人形自動車博物館 | トップページ | 第3回シトロエンC3プルリエル・ミーティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/52311116

この記事へのトラックバック一覧です: イエラ装着~四輪車編~:

« おもちゃと人形自動車博物館 | トップページ | 第3回シトロエンC3プルリエル・ミーティング »