« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

LORO

A070930_001

リカンベントや小径車を専門とする自転車屋さんであるLOROの世田谷店に行ってきました.

案の定,駐車場がないので店の前に路駐です.
晴れていればエビちゃんで行くのが正解ですね.ただし,ETCが欲しいけど.

こんな日に来る客もほかにはいないようで,店員さんからじっくり色々と教わりました.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

snowマーク点滅

先日のCPM3の帰りに,中央道上りの大渋滞に巻き込まれてしまったのですが,
その時にプルプルがとうとうsnowマーク点滅となってしまいました.
 
センソドライブが故障となると,
snowモードを表示する雪印マークと
AUTOモードを表示するAUTOの文字の両方が同時に点滅するのですが,
AUTOはいつも点いているので簡単にsnowマーク点滅と呼んでいるんですけどね.

故障の原因はクラッチのオーバーヒートであることは分かりきっているんです.
10km/hぐらいでダラダラ~と走ると,半クラ多用となってクラッチが過熱して
保護回路が働いて,クラッチ切ったままになっちゃうんです.
普通のMTならドライバー自身が面倒になってそんな半クラしないんだけど,
機械は正直ですからね.
 
トルコンAT車はクリープ使ってダラダラ~と走るんだけど,
こっちにしては嫌がらせに近いんですよー.

1回目のsnowマーク点滅時は幸いにも登りきって降りにさしかかったところだったので,
なんとかそのまま惰性で走ってるうちにクラッチが冷えて直りましたが,
2回目はトンネルの手前だったこともあって
路側帯でハザード点けて20分ぐらい冷ましてました.
 
その後は,なるべく半クラを使わないようなアクセル操作&スピードコントロール,
つまり前車に合わせてダラダラ走らないでちゃんと停まって
前が空いてからスッと発進するようにして,騙し騙し帰ってきました.

さて,この件は明らかにクラッチのオーバーヒートなので
機械的な故障ではなく問題はないのですが,
少し前に発生したシフトミス=「-表示」
CPM3に向かう時とその前日に続けて発生するようになってきました.
 
その報告も兼ねて,本日お世話になっているハンユウオートへ出向いてみました.

その結果,センソドライブのアクチュエータ交換が必要との診断になりました.

ところが,このアクチュエータ,バックオーダーを抱えているとのこと.
交換なんてよっぽど珍しいのか,いやいやおそらくそうじゃなくて,
交換が相次いでいるんでしょうねぇ.
 
シトロエンさん,ガンバッテね.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

世界一小せェェbike

A070927_001
(名前はともかく) さすがは世界最小折り畳み自転車というだけのことはあります.

まぁ,実際にこれを有りがたがるシチュエーションはほとんど無いでしょうけど.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

臭い

今日,社外の人も交えてのとある会議にてスバルの「走り」について議論が白熱しました.

まぁ,ちょっとはスバル車に興味のある方なら,
昨今の社長交代やらGMグループ→トヨタ・グループ(の端っこ)をはじめとして
色々と変化があることは感じているとは思います.
 
前社長のあぁ勘違い「プレミアム・ブランド」戦略に便乗した
極悪乗心地&スバヲタ限定の現行レガシィの販売不振の反省で,
今度は取り舵いっぱいに切ったと見てる方も多いでしょうし,
もっと冷静に見れば舵取りが定まっていないのを見透かしていることでしょう.

今日の会議ではそういう反省に基づき,
思い返せば2代目レガシィのときのビッグマイナーチェンジ
=ワゴン車にビルシュタンサスとか45タイヤとかを付けて
パッと1年間だけ売れた車の時から
スバル車はボタンを掛け違えて在らぬ方向に突き進んでしまい,
袋小路に入り込んでしまったという話が出て,
一同うなづくようなことになったのだが…

風向きが変わった今,
順風になってから言ったり行動したりするのは誰でも出来る.
でも,その当時,そのヤバイ臭いをどれだけの人が嗅ぎつけ,
なんとかしなければならないと逆風の中で行動したか.
 
以前の日記にも少し触れたけど,
出世欲に取り憑かれた御輿担ぎ野郎に対抗しきれなかった自分自身に悔いが残る.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

穴があくほど

A070914_1 A070914_2 A070914_3

いくら人気(ひとけ)の少ない早朝だからといっても,そこまで覗き込まなくても…

恥ずかしい.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

CPM3 番外編

第3回プルリエル・ミーティングが開催された朝霧高原・ふもとっぱらは
キャンプとかができるような,草原になってます.
砂利道が通っていて,そのまま草の上にも車で乗り入れることができます.

が!

砂利道と草原の間には草に隠れて見えないけれども側溝があるんですね.
運が悪いとこんなこと(↓)になってしまいます.

A070923_003 A070923_007
左前輪がずっぽりと側溝に嵌りこんで,その対角の右後輪も半分以上が落ちています.
さらに,右前輪は一度側溝を乗り越えてしまいサイドカットしています.
さすがに人力だけでは救出困難ですね.
 
というわけで,レッカー車の出番です.

A070923_014 A070923_018
右後輪の下には近くにあった合板を人力でタイヤを引き上げつつ下に挿入して,
あとはレッカー車で両前輪を引き上げつつ,後ろにずらしつつ,
左に転回して無事に側溝危険地帯から脱出完了です.
 
最後はサイドカットしたタイヤをテンパータイヤに交換して終了.

救出劇を動画撮影したものはこちら(↓)です.16倍速にしてあります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3回シトロエンC3プルリエル・ミーティング

もう日付が替わってしまってますが,
23日(日)に第3回シトロエンC3プルリエル・ミーティング(CPM3)が
朝霧高原・ふもとっぱらで開催されたので,行ってきました.

疲れたのでもう寝ます.日記はあとで書きます.(←24日am1:40)

-------------------------------

P1070971 P1070983

いまひとつパッとしないぐずついた天気となってしまい,
富士山も拝めずじまいではありましたが,
逆に言えばなんとか終わり間際まで雨に降られずにもってくれました.

前回と同じように,プルリエルを前に持ち寄った食べ物・飲み物を口にしながら,
まったりとしたひと時を過ごすことができました.
 
途中,理由あってレッカー車が駆けつけてくれたりもしましたが,
最後には編隊を組んで記念撮影です.

A070923_060 A070923_061

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イエラ装着~四輪車編~

R070922_006 R070922_001 R070922_005
明日は“第3回シトロエン・プルリエル(がメインの)ミーティング@朝霧高原・ふもとっぱら”
なので…というほどではありませんが,ユピテル・イエラをプルプルに装着しました.

1DINサイズの小物入れの側面にRAMマウントの“バイクベース”をボルト留めして
(中央画像),そこから長めの“5インチ・アームパーツ”を介して取り付けました.
かなり操作しやすい位置に取り付けることが出来ています.
 
左の画像にてオレンジ色の矢印のところ,
ダッシュボードの前端にレーダー探知ユニットを
例によってマジックテープで貼り付けるようにしています.
レーダー探知ユニットへの配線は助手席側のダッシュボード・アッパー・ポケットの蓋を
少し削って(右端画像)収まりを良くしてあります.
まぁ,そこそこすっきりついたと自己満足してます.

ところで,プルプルのフロント・ウィンドシールドは熱線反射ガラスなので,
GPSもレーダー探知も何にせよ電波は通しません.
イエラのこの取り付け状況では,
GPSは幌とリヤビュー・ミラー両端のセラミック加工部分から捕捉することになります.
速度取り締まりレーダー電波はフロント・ウィンドシールド下端の
熱線反射になっていないところから捕捉することになります.
 
さてさて,そんなにうまくいくでしょうか?

とりあえず,GPSについては問題なく捕捉できているようです.
イエラ起動直後の衛星捕捉までの時間は少々かかりますが,
今までの旧いパナソニックのHDDナビが3~5個の衛星捕捉がやっとのところを,
イエラは7~9個は捕捉していて自車位置を見失うことはほとんどありません.
さすが,最新のGPSエンジンは凄いですね.
 
速度取り締まりレーダー波に対してはそういう状況に遭遇してないので
判断できませんが,
まぁ今までのレーダー探知機もこんな感じで取り付けていたので大丈夫でしょう.

 

R070915_005_2 R070912_001_2 
プルプル以外でのイエラ取り付けとしては,
ラリっ娘は以前に報告済みですし,
赤G(スバルff-1)もフロント・ウィンドシールドに吸盤で簡単に取り付け可能なことを
確認済みです.
 
これで,必要とする全てのクルマに装着可能となりました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもちゃと人形自動車博物館

A070921_002 P1070710
世間は明日から3連休だそうですが,
ボクの場合は,あいにく24日はバリバリの出勤日なので,
有給休暇の消化も兼ねて今日は会社をさぼりました.
で,エビちゃんでふら~とツーリング.

伊香保にある「おもちゃと人形自動車博物館」に行ってみました.
テディベアばかりの部屋や,アンティーク・ベアの部屋があったかと思えば,
昭和の駄菓子屋があったり,キューピー人形がずら~と飾ってあるかと思えば,
いきなりワイナリーがあったりと,節操もない博物館です.
 
ボクの目当ては昭和30~40年代の街並みを模したものと,
同時代の国産自動車の展示です.
でも,スバル1300Gも1000も無いんだよね.ちょっと残念.

A070921_003
昼食は水沢うどん.
春にチームはちのこで「田丸屋」に行ったので,
今回は田丸屋のちょい下にある「大澤屋」へ.
舞茸天ぷらが油っ濃くて興ざめ.
つけ汁も田丸屋の方が出汁がきいてて良いかな.

A070921_006 A070921_007 A070921_010
それから,河原湯温泉へ.
共同浴場・露天風呂の「聖天様露天風呂」(画像左)を目指すも,
お湯が出てなくてぬる~い.
なんでも,お湯が出る/出ないも自然まかせなんだそうな.
日頃の行ないが悪かったのか?
 
仕方ないので,「王湯」(画像中央)にします.
こちらも共同浴場で露天風呂もありますが,
景色の良さでは聖天様にはおよびません.

ところで,この河原湯温泉は残念なことに
数年後にはダム建設によって無くなってしまうそうです.
一緒に湯船に浸かっていた地元のお爺ちゃんから教えてもらったのですが,
ダム建設の良し悪しは別としても,
今のままの旅館業や入浴料の収入では町は廃れるばかりで,
ダム建設による立退き料の方がはるかに魅力的なのだそうです.
 
ちょいと寂しい気分ですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イエラ装着~エビちゃん編~

R070915_001 R070915_003 R070915_002

ユピテル・イエラをエビちゃんに装着しました.
付属の吸盤でというわけにはいかないので,
RAMマウントのUボルトベースをエクステンション・マウントに固定しての装着です.
ボトルホルダーとの関係でやや左にオフセットしていますが,
比較的見やすく操作もしやすい位置に取り付けることができました.

レーダー/無線ユニットは左のミラーの付け根に
マジックテープを使って貼り付けてあります.
まぁ,これは気休めでしかないでしょうけどね.

裏からRAMマウントの装着具合を見ると中央の画像のようになってます.
このRAMマウントは非常にしっかりした作りで
ボール部分がラバーコーティングされており,確実に固定することができるようです.

電源は自動車みたいにシガーソケットが装備されてないので,
車体側から直接コードを引き回してクレードルに接続するようにしました.
車体側はヘッドライトのスイッチから電源を分岐してきています.
消費電流はたかだか知れているので,たぶん問題ないでしょう.

さて,これで試走してみました.
取り付けは確実で,緩む気配もなくブレもなく良好です.
もちろん,電源も問題なしです.
グローブをしたままでも縮尺変更ぐらいはなんとか出来るのも嬉しい誤算です.
 
メットを被ってそこそこのペースで走っていると,
ナビの音声案内は聞き取れなくなってしまいますが,
チャイム音は結構聞こえるのでまるっきり聞き逃してしまうこともなさそうです.
ただ,鈴木麻里子の声が周囲に響き渡るのは恥ずかしいですね.

クレードルからの脱着はワンタッチで出来るので,
駐車時には本体のみを外してポケットにでも入れて持ち運べば良いし,
エビちゃんに乗らない時はUボルトベースのみを残して
RAMマウントとクレードルもろとも簡単に取り外して他のクルマに載せ替え可能です.
まぁ,電源コードがちょろっと出たままになるのが愛嬌ですけど.
 
ちなみに,雨に降られたときのことは考えてません.
その時はイエラをしまうか,雨が止むまで雨宿りするかのどちらかですな.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

坂boso動画

先日,16日の坂boso・走朝会にて撮影したオンボード動画です.

最初は根利の走行,前を走るのは,JAYさんのAXです.

次は赤城北面の登坂走行です.
前を走るパンダ2号さん,コーナーも速いけど立ち上がりが速! 
置いていかれます.直線が長いと追いつくんだけどね.
 
また,いつものコーナーでヤバかったです.
でも,このコーナーから頂上までは2速を使えてパワーバンドにのせ易いので
俄然元気に走れるんだよな.

 登ったら降らないといけないので,今度は赤城南面の降坂走行です.
白いセダンが道を譲ってくれて(?)からは,
単独走行となって存分に楽しめました.
凸凹うねり路面には興ざめですけどね.

 最後におまけで,“風車deイタフラ”から帰る時の動画です.
ちょうど,とがしさん一家とすれ違い.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

名前はなんでもエエ(A)

P1070697

以前から気になっていた世界最小折り畳み自転車と言われている“A-bike”.

ネット通販を見てると,
“A-bike”のほかにも“A-ride”とか“A-bicycle”とか色々な名前で安売りしてます.
バッタモンだろうと思って,隅から隅までしっかり情報見てみても
中身はA-bikeくりそつのようです.ライセンス生産なのか,傷アリとかなのかな.
 
でも,本家A-bikeの日本代理店のHPだとやっぱり模造品なんでしょうね.

そんな中,10k円以下のを発見! 思わずクリック!

届いたものはパッケージには“A-bicycle”と書いてありますが,
取り扱い説明書には“A-ride”として記載されています.
自転車そのものには“A-bike”としっかり書いてあります.
けど,付属の輪行バックには“A”とだけしか書いてない.
 
まぁ,名前はなんでもいいか.

| | コメント (5) | トラックバック (0)

サスペンション・プチ改良

R070917_003 R060917_001  R070917_001
もう一週間以上も前のことですが,
MSC第7戦のときにタミヤのお手軽リヤ・ダイレクト・ドライブのラジコンである
F103GTのサスをちょっとモデファイして走らせてみました.

このF103GTは元々はF1向けに
前後異径&異幅のスポンジタイヤを前提に開発されたシャシーに
ツーリング用の前後同径&同幅のゴムタイヤを履かせたようなものなので,
どうしてもリヤのグリップが安定して得られません.
特に,ボクがいつも走らせているアザミサーキットは路面に段差やうねりが多いので,
ダイレクト・ドライブの悪癖がもろに顔を出してしまいます.
 
そこで,タミヤ純正オプションのダンパー・ユニットやボール・マウント・サスを
装着してみましたが,どうもロール方向のコントロールが巧くいきません.

というわけで,ダンパーユニットを2本にしてハの字に装着してみました.

まずまずの効果で無茶をしなけりゃ良い感じで走らせられるようになりました.
けど,まだまだ満足レベルじゃないですね. 

R070908_003
それから,フロント・サスもちょっと前にモデファイしてあります.
黄色の矢印部分を削って,赤色の矢印部分にカラーを入れて,
アッパーアーム全体を後方にずらして,それによってキャスター角を増やしています.
 
これで直進性は随分と良くなっています.

さて,次なる秘策はあるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂暴de風車? (違)

A070916_009

今日はチームはちのこの走朝会.
いつものようにAM5:00に某コンビニに集合してから根利→赤城北面の坂bosoです.
その後は赤城南面を下って,“風車deイタフラ”の会場である道の駅・大胡へ向かいます.

赤城南面はドリフト族対策で路面に大きな凹凸が付けられてるのが残念ですが,
北面よりもタイトなコーナーが多くて変化にも富んでいるので楽しいですね.
北面は登りはギヤ比が合わないし,下りはブレーキングが怖くて気分が萎えます.
ハーフスピンしたのもトラウマになってますし...

また,久しぶりにオンボード動画を撮影してみました.
というより,ラリっ娘で走朝会に臨むのが久しぶりだったりします.
久しぶりなので(?),冒険はせずにごく普通に
フロントウィンドゥに吸盤でD-snapを付けて撮影しました.
 
そのうち,編集してアップしますので乞うご期待.

 

A070916_020 A070916_021

さて,第2回 “風車deイタフラ” です.

我々チームはちのこが大挙して押しかけたこともあってか,かなりの台数が集まりました.
前回はエビちゃんでの参加だったので,
今回ラリっ娘で参加しても同一人物と認知されないかもと密かに思っていましたが,
ボクのブログを見てくれた人が多くてバレバレのようでした.
 
なんだか,素っ裸にされたようでこっ恥ずかしい感じですね.

イベント自体は前回と同様にただ集まってウダウダするだけですが,
走った後のこうゆう緩いのも良いです.
もうちょっと涼しくなれば,ロッキングチェアでまったりしたいですなぁ.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日の準備

R070915_004    R070915_005 R070915_006

明日は久しぶりのチームはちのこの坂暴走・走朝会です.
そのまま,帰りがけには第2回「風車deイタフラ」にも参加の予定です.
 
クルマの整備は…面倒だからいいか,とりあえず雨漏りは問題ないようだし.

そこで,チームはちのこ・オフィシャル・ステッカーを貼りました.
あまりに繊細なステッカーだし,表から貼るタイプなので耐久性が心配です.

それから,イエラを装着してみました.
明日のコースは何度も走っているところなので,
ナビは必要ないけど,使って試してみたいのでね.
 
装着そのものは,セットについてくる吸盤マウントをそのまま使って
フロントウィンドゥに貼り付けです.
本当は,フロントウィンドゥに貼り付けると法律違反なんだそうですが,
運転視界にはほとんど悪影響がないので,自分の判断でOK(笑)
 
レーダー探知ユニットもナビ本体の前にマジックテープで貼り付けて,
全体にすっきり装着完了です.

さぁ,これで準備万端だぁ(?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

始走

本日は仕事でとあるイベント.
まぁ,実質的に意味のあるイベントではなく,
単なる区切りのプチお祭りというところだけど.

で,アフターファイブ(古~い)は打ち上げ宴会.
A070914_012

飲酒運転はダメですが,ビアンキで帰ってきました.
サスペンションをソフト化してタイヤ圧をパンパンに上げたフェニーチェは快適に走れます.
走り出しの軽さは小径車ならではなので,
飲み屋繁華街や狭い路地を走るのは軽快感があって楽しいですね.
改装なった太田駅もチャリンコに乗ったまま突っ切れるようになり,
小径車で人並みを縫って(もちろん,歩行者優先です)走るのも面白いです.
 
これからの季節,ますますビアンキ・フェニーチェの出番が増えそうです. 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エラストマー 前編

A070912_001
昨日に続いてビアンキ・フェニーチェのサスペンション弄りです.
今度はフロント・サスなのです.

フェニーチェのフロント・サスはこんな構成になってます,
名称は知らないんですけど,パンタグラフでいいんですかね.
バラしてみると,チェレステグリーンに塗ってあるフロント・フォークの下端と
短いアームとの関節部分に捻り方向でエラストマーが使われていて,
振動を吸収するようになってます.
例によってこのエラストマーはカチカチです.
なので,これまた例によってドリルで孔を開けて柔らかめにしてやりました.

R070912_002  R070912_004 ←上下ひっくり返して整備してます.

試乗してみると,なかなか良い感じ.
これで,プジョチャリに奪われた通勤チャリの座を奪還できるかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エラストマー

R070909_006
自転車でエラストマーと言えばサスペンションに緩衝材として使われている材料
ということは分かっていたのだが,
自動車のバンプラバーとかヘルパー(スプリング)として使われている
発泡ウレタンみたいなものを想像していたんだけど,
こいつをバラしてみたらそうでもないことを理解しました.

まぁ,エラストマー,正確にはイラストマーらしいが,
弾性を持つ高分子素材の総称であって,
ゴムも合成ゴムもその一種らしいし,発泡素材も含まれるとのこと.
だから,自動車に使われている安いゴムのバンプストッパーも
発泡ウレタンのヘルパーもエラストマーには間違いないようだ.
 
と言うのはどうでもよく,少なくともボクのビアンキ・フェニーチェの
リヤサス・ユニットの中に入っていたのはカチカチのプラスチックの塊のようなものでした.

ビアンキ・フェニーチェは前後20インチの小径自転車ですが,
細身の高内圧タイヤを前後サス付きの軽量アルミフレームに履かせて
軽快かつ高速にも対応しようというコンセプトのミニベロです.
けど,ボクが走る環境にとってはサスが硬すぎです.
 
サスが硬いから荒れた路面で失速する.
それを緩和しようとタイヤ圧を低めにセットすると,
路面の良いところでの抵抗は増えるし途端にパンクしやすくなる.
という悪循環になってしまいます.

そこで,リヤサス・ユニットをもう少し柔らかいのに交換しようと考えましたが,
まともなエアサス+油圧ダンパーを持ったものなんかにしたら,
それだけで自転車そのものの価格の2~3割に相当するほどの金額に達してしまい
アホらしい.
それで,ユニットをばらして筒状のエラストマーを取り出してちょっと加工してみました.
単に横っ腹からドリルで数十箇所も孔を開けただけです.
本当は,探せば弾性係数の異なる同サイズのエラストマーがあるのでしょうけど,
ちょっとネットで検索した程度では見つけられなかったのでね.

これで,ちょっと乗ったところなかなか良い感じです.
ヒルクライムなんかだとちょっとサスの動きが大き過ぎて
パワーロスしそうなぐらいですが,
ヒビ割れた舗装路でもスムーズで失速しにくいので街中では丁度良いところです.
ただ,今回フロントサスはそのままなのでちょっと前後のバランスが悪いかな.
 
次回はフロントサスにも何か手をつけたいところです.
ただ,まだこのフロントサスの構造を理解してないし,
バラし方も分からないですけどね.

それから,タイヤももう少し街乗りに適したものにしたいのですが,
この20×1・1/8WOというのはあまり選択肢がないようで,困ったものです.
本当はもうひとサイズ太い1・3/8あたりの幅にしたいのですが,
生憎そのサイズはママチャリ用の滅茶苦茶重たいタイヤしかないようです.
レアモノとしてIRCのプロックパターンのがあるようだけど,どうなんだろうか?
 
とりあえず,フロントサスを弄ってみて巧くいったら
幅はそのままでシュワルベ・ステルビオあたりにして,
7kg/cm^2以上で使ってみるかな.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イエラ購入

R070911_001_2 R070911_002_2
おととい,宅急便で届きました.
まだ,使ってみてないのでインプレも何もないのですが.

マウントは吸盤タイプのがセットで付いてきます.
ドイツ製のヘルベルト・リヒターの製品です.
ボクがD-snapをフロントウィンドゥに付けるのに使っているのも同じ
ヘルベルト・リヒターですので,互換性があります.これはラッキー.
 
ただし,バイク用のマウントはヘルベルト・リヒターの製品ラインナップにはないようなので,
こっちは米国製のRAMマウントというのを組み合わせて使うことにしました.
エビちゃんには先日KANEBANで仕入れたエクステンション・マウント
クランプベースを使って固定して,
アームパーツを介してHR-RAMアタッチメントを付けようと考えてます.
このアタッチメントによってヘルベルト・リヒターのホルダーが
そのまま使えるようになります.便利なんだか,厄介なんだか,なんだかなぁ.

これらのマウントはイエラが届いてから発注したので,
まだ手元にはありません.
週末にはエビちゃんに付けて試走してみたいな.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

小物入れ装着

R070909_004
最近の国産ビッグスクーターと言われる二輪車には,
四輪車みたく小物入れポケットなんかが標準装備らしいのですが,
エビちゃんにはごついコンビニフックは付いていても
小技の利いたポケットは付いていません.
 
携帯電話とかデジカメとか,時にはチケットなんかを入れるところがあると
便利だなぁと思って,不細工ですが小物入れを付けてみました.

R070909_001 R070909_003
付け方はいたって簡単.
プラスチックのカウルを留めているビスを外して
分割の隙間からコの字状にしたベルトを差し込みます.
両端は二重に織って縫いこんでいるので,
そこがひっかかってたぶん抜けないはずです(笑)
 
そこに,市販のウエストポーチの腰ベルトに差し込む部分を使って留めるだけです.
今回取り付けたウエストポーチはこの部分がマジックテープになっているので,
付け外しが簡単に出来ます.
駐車したときには外して,カラビナで自分の腰につけたりベルトに挟むなりして,
本来のウェストポーチとして使えるのも便利です.

早速,100kmぐらい乗ってみました.
ライディング・ポジションによっては左膝が触れる時がありますが,
膝小僧丸出しの半ズボンで乗るなんてことをしない限りは特に違和感はないようです.

R070909_007
それから,以前に付けたカップホルダーですが,
500mlペットボトルを入れても信号待ちぐらいで,
グローブはめた手でキャップを回して飲むのは結構忙しいです.
エビちゃんはサスロックすれば自立するから両手がフリーで使えるので,
技術的な問題というより単に時間だけのことですけどね.
 
そこで,画像のようなキャップを使ってみました.
片手ワンプッシュで蓋が開くし,閉めるのもワンタッチなので超便利.
これはお勧めです.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヘヘマグ

R070909_008
昨日のことですが,シトロエンC6の試乗会フェア案内のダイレクトメールに誘われて,
近くのシトロエン・ディーラーとなっているハンユウオートに行ってきました.
 
まぁ,C6に試乗したかったわけでもなく,
試乗するともらえるという景品が(是非)欲しかったわけでもないのですが,
幾つか用があったのでね.

どうもC6の試乗車は人気のようで,
どうみても買いそうもないボクなんかに試乗してもらってる場合じゃなさそうで,
店に着くなり「マグカップが良いですか? フォトスタンドが良いですか?」って,
暗に試乗しなくていいから景品持ってけって感じ(笑)
 
ん,まぁそれも悪くはないので,マグカップいただき!

ところで,何故このタイミングでC6の試乗会なの?,何か変わったの? と聞くと,
単にチルト&テレスコが電動になっただけとのことです.
どうも思ったように売れないからじゃないのとのこと.
うーん,この価格のフランス車を買う人はなかなかいないだろうねぇ.

で,用事だけど,
その1は不届き者がぶつけてしまった会社のピカソが前日から入院しているので,
その情報収集.
 
その2はディーラーのお姉さん(すいません,ボクよりずーと若い女性です)が
スバルの軽自動車を買いたいというので,紹介したのですが,
その後の情報収集.R1購入だそうで…良かったのか
 
その3はプルリエルの雨漏り(ラリっ娘のようにだだ漏れじゃなくて
たま~にポタッという程度)の情報収集.
これは今のところ前例なしだそうです.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MSC 第7戦

A070908_004
先週の土曜日に雨天順延となった,MSCの第7戦を今日開催しました.
いや~,猛烈に暑かったです.

レース自体は5人+賞点外参加1人の計6人(?)参加者がいて,
うちグリップの低いタイヤハンデなのがボクも含めて3人.
なので,3位に入れば御の字.
ってことで,結果は目論見通りの3位で,まぁ満足でした.

 

今日は,個人的にはレース以外でも課題があって,
ひとつは先日完成したABC製ジェネティック・B110サニーのシェィクダウン,
もうひとつはタミヤ製F103GTのサス変更の効果確認でした.
これまた,どちらもまずまずの結果が得られて満足.
 
ジェネティックはABC製ということで,
まともに走らないんではないかという危惧を見事に裏切ってくれて,
とっても快調でした.
逆に快調すぎてこれから弄る楽しさがないかもというぐらいです.
一方,非常にてこずっているF103GTはちょっと進歩しました.
これについてはまたあらためて報告します.

うーん,しかしこんな些細なことで満足しているようでは進歩はないかも.
まぁ,でも,楽しければいいんです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE INCREDIBLE HULK

A070903_009

昨日,10数年前に入れた差し歯がポロッと抜けてしまいました.
そこで,本日,フレックスタイムを使って午後3時にあがって,
かかりつけの歯医者さんに行ってきました.

ベースの歯との間に少し隙間ができてしまっているので,
このまま付けてもまたすぐに抜けちゃうだろうから新しいのを作りましょう.
ということになりました.
型を取って,とりあえず新しい歯が出来るまでは今までのを仮で付けておくことに.
仮とは言え,今まで10数年も馴染んだ差し歯なので違和感はありません.

そんなわけで,気分もよく梅さんの歓迎パーティとして
全然高級でないしゃぶしゃぶで食べ放題してきました.
沁みるとか痛いとかなくても歯がちゃんとしてないと,
食べてもイマイチ美味しいと感じないからね.
 
梅さんもごまだれで味わうしゃぶしゃぶが気に入ったようで何より.

ちなにみ,梅さん,先日のボクのブログを発見されてしまい,
本日の社員食堂で「今日はカレーじゃないよ,ビックリでしょう」と言われてしまいました.
日本語読めないと思っていたら,翻訳ソフトでしっかり内容も把握してました.
あぁ,便利な世の中なのね.

話を戻して,しゃぶしゃぶ…,もっと戻して差し歯ですが,
ビールをたらふく呑んで,腹いっぱいしゃぶしゃぶ食べてたら,
またもや「ポロッ」と簡単に抜けちゃいました.まっ,いいか.

 

ちなみに,タイトルは本日の出席者以外には何のことだか分からないでしょうね.
申しわけない,身内ネタで.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユピテル・イエラ

やっと発売されたようですね,ユピテルのイエラ
ナビ付きレーダー探知機なのか,
レーダー探知機一体型PND(ポータブル・ナビゲーション・デバイス)なのか,
まぁどちらでもいいですが.

昨年の12月にアナウンスがあって今年の2月には発売...のハズが4月になって,
5月になって,とうとう発売延期のお詫びまでホームページに掲載して.
 
いや~,これだけ技術革新の激しい分野で
半年以上も発売を遅らせるなんて信じられんですな.
製品の出来が話にならないほど激悪だったか,
それとも逆によほど製品のコンセプトと独自性に自信があるかのどちらかか?
 
それは使ってみなけりゃ分からないな.

| | コメント (10) | トラックバック (0)

雨天順延

本日はMSC-CLUB第7戦の予定日でしたが,
雨天のために順延となってしまいました.
 
いちおう,天気予報の「曇」に騙されて,
アザミ・サーキットまでは行ったのですが雨は止みそうになく,手ぶらで帰ってきました.

で,午後からは雨漏りが直った(ハズの)ラリっ娘を引き取ってきました.
ガラスの接着が剥がれるなんてあまり聞いたことがなかったけど,
あちこち接着が緩くなっていたらしいので,
経年劣化で剥がれそうになったところで,
例の側突されたときの衝撃か何かで剥がれたのだろうというのが統一見解となりました.
まぁ,直れば良いんですけどね.

今夜は久しぶりの“坂boso-夜間部”です.
ラリっ娘で走るのは本当に久しぶりぶり,
去年の9月頭の坂bosoでマフラー落っことして以来のほぼ1年ぶりなので,
今夜は慣熟走行ということにしよう.
 
では,ひと眠りしてから出発だ.

A070901_004 ※後日,画像のみ追加しました.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »