« カラーリング | トップページ | 雨中坂boso »

襟付きと襟なし

日本ハムの新庄選手は襟付きアンダーシャツを着て注意を受け,
今度やったら退場だーと言われているようですが,
我が社の一部には襟なしシャツでは立ち入り禁止の職場があるとのことを
先日初めて知りました.
別に外部のお客さんに接する職場じゃなくて,単なる設計業務をする部署なのに…

そんなことより,汚ねぇ作業着(制服)のまま通勤して,
しかも飯屋やコンビニに寄り道している人達の方が
よほど同じ会社に勤める人間として恥ずかしいし,
地域住民に対しても失礼だと思うけどなぁ.
 
いつの間にか,お客さんや社外の人に礼をつくさず,
上司にこびなければならない会社になってしまいましたね.

|

« カラーリング | トップページ | 雨中坂boso »

コメント

お客さまの為、”良い商品”を造るより、良い商品が出来るかどうか怪しい”システム”や”手番”を造ることが評価され、それに忠実であるかが評価される職場環境になっていると感じます。本来、その”システム”や”手番”(過程)によって”良い商品”(結果)が出来た時、評価されるなら判るが、”怪しいシステム”(過程)を造っただけで評価されているように思うし、目標や理想に対して、自分たちの現状を正確に把握していないので、怪しいシステムが出来る土壌になっているのでは?本当にうち会社、大丈夫なのかぁ?

投稿: Evo.K | 2006-05-27 21:36

 Evo.Kさんへ:
 複雑ですな.まぁ,どんな組織でも大なり小なりそういうところはあるんでしょうけど,元来が素朴で自由奔放が取り柄,というかそれしか無かった田舎企業がプレミアムだのグローバールプレーヤーだのの言葉だけ借りてきて体裁だけ繕おうとするから歪みだらけになるんだろうね.

投稿: JET | 2006-05-28 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/10251893

この記事へのトラックバック一覧です: 襟付きと襟なし:

« カラーリング | トップページ | 雨中坂boso »