« MSC第10戦 | トップページ | 坂boso_2005総集編 »

ラジエータホース交換

R051204_003
 



そんなわけで,ラジエータホースを交換することにしました.
純正品を入手するのは端から諦めて他車流用か汎用品にするかで迷って,
結局はサムコというレース用汎用部品を通販で購入しました.
これは,ワイヤーが入っていて曲げることも出来るというもので,
右のように曲がっているロアホースにも使えます.
アッパーホースはストレートでも使えそうなのでそれも購入してみました.

R051204_007_1  




冷却水を抜いたついでに,サーモスタットも外して作動確認しました.
左のようにお湯で温めて温度を測りながら開き具合をチェック.
80゚C程度で開き始めるので問題ないようですので,
寸法だけ測っておいてこのまま組み付けることにします.

R051204_009それより問題なのは,ラジエータのドレン・プラグを緩めようとして
割ってしまったこと.アィタッ! 
カー用品店で似たような 「GRIFFIN製 No.94 ニッサン用」を見つけて
事無きを得ました.

R051204_019 R051204_018
その他,サーモスタット清掃やホースブラケット錆落としやらやって,
ホースクランプもホームセンターで買った新品に交換し,
漏れ止め剤入りクーラントを奮発して注入.
最後にエンジン掛けて漏れのないことも確認して,
寒空の下での作業は全て完了.パチパチパチ.
 
奇しくもプラグコードと同色の水色のラジエータホースは
かなりエンジンルームを華やいだ雰囲気に変えてくれました.

しか-し,翌朝会社に行こうとエンジン掛けると
下からクーラントが漏っているというか,ボタボタ垂れ流し状態.
アッチャー! 仕方ないので放置して会社へは別の車で向かうことに.
 
その日の夜,懐中電灯片手に漏れ位置を確認すると,
どうやらロアホースのウォーターポンプ側クランプ辺りから噴いている模様.
実は注文したホースがちょっと太過ぎてガバガバだったんだすね.
外してサイズ測れば良かったんだけど,
クーラント抜くのを面倒がったのが敗因でしたね.
とりあえず,ホースクランプを2個使ってギチギチに締め上げて様子を見ることしました.

で,翌朝はなんとか大丈夫でした.
さぁ,今後どうなるか,果たしてこの冬を乗り切れるのか? ビミョ~

|

« MSC第10戦 | トップページ | 坂boso_2005総集編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/11463557

この記事へのトラックバック一覧です: ラジエータホース交換:

« MSC第10戦 | トップページ | 坂boso_2005総集編 »