« ウォーターポンプ昇天 | トップページ | 入る勇気がない »

水も滴る

ホームページのff-1リフレッシュ logに書いていた内容ですが,
通勤車のff-1の冷却水漏れが止まらず
ラジエータ・ホース交換やらやってもダメでして,
だんだん酷くなるばかり.
そこで,エンジンの下側のカバーを外してよーく観察すると...最悪のシナリオでした.
ウォーターポンプの軸からプーリーの裏側を垂れて,
Vベルトにかき上げられて飛び散っていました.
ウォーターポンプの昇天でございます.

知り合いの修理工場に行ったら
「あのネジはたいがい固着してておっかいちゃうんだよな.」だって.
そう言えば,ロメオ33の時もウォーターポンプ昇天して,
自分で交換するので苦労したなぁ.
同じ水平対向4気筒でも,
33はベルト駆動のDOHCなのに対してff-1はOHVだから
見た目は簡単に出来そうなんだけどね.

それよりも,先ずは部品の入手が問題!
ディーラーには在庫無し.さぁどうするか.

どうやら当分の間,不動車になりそう.

|

« ウォーターポンプ昇天 | トップページ | 入る勇気がない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/7674582

この記事へのトラックバック一覧です: 水も滴る:

« ウォーターポンプ昇天 | トップページ | 入る勇気がない »