« バス停 | トップページ | キャブ その3 »

キャブ その2

R050703_001R050702_001_1
2週間前のキャブのトラブルが再発しました.結局,直っていなかったのですね.

交差点のギャップでドンといった直後にブスブスブスッとなって,
その後スロー系がダメになってしまいました.
フロートレベルが少し高めなこともあり,
先ずはその調整かなぁということで開けて見ると… 
コルクで出来たパッキンが左上の画像のようにボロボロ&ブヨブヨになってました.
これじゃぁダメだろうということですが,
当然純正部品なんてないだろうから自作したのが右図のものです.
本当は知人がストックで持っていたんですが出張中ですぐに入手できなかったので,
とりあえず自作してみたわけです.
100円ショップでコルクの薄板を買ってきてカッターナイフで切って,
穴は穴開けポンチを使って開けました.

組み付けは液体ガスケット(5年位前に33に使ったのがまだ使えた)も使ったんですが,
いざエンジン掛けようとしてもチョーク使ってないとアイドリングも出来ず,
少しでもアクセル踏み込もうものなら即エンストという状態.
うーん,お手上げ.ストロンバーグ・キャブはよう分からんし.

R050702_012  

ということで,坂暴走仲間でもある知り合いの自動車整備屋さんところに伺いに.
で,結論はジェットか経路の詰りだろうから,全ばらしのオーバーホールが必要とのこと.
仕方ないので左の画像のようにばらして
泡々のエンジンクリーナーとキャブクリーナー併用してきれいにしてあげました.
実際,フロート下部のプライマリ&セコンダリ・ジェットはともにかなり汚れていて,
しかも例のコルクのカスみたなものが挟まっているようでした.
 
まぁ,ちょっと考えればパッキンがボロボロになってた時点で気づくべきでしたね.

で,再度組み付けてエンジン始動.うーん何とか回ってます.
アイドリングを調整してまずまずかな.
とは言え,今ひとつアイドリングが安定してません.
低速でもギクシャクする時があるし,ゆっくり加速するとヘジテーションを起こしがち.
60km/h以上だと凄く調子いいんだけどね.

とりあえずこれで様子見ですが,
購入した中古車屋さんからスペアのキャブを調達することが出来そうなので,
それを日立のリンク屋さんに出してみようかなと考えています.
 (それにしても疲れたぁ)

|

« バス停 | トップページ | キャブ その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/11458124

この記事へのトラックバック一覧です: キャブ その2:

« バス停 | トップページ | キャブ その3 »