プラモ製作(69)スバル360デラックス

B180424_1
ここのところのプラモ製作はスバル360ばかり続いていますが
今回もまたハセガワの1/24スケールのスバル360です。
ただ、レース仕様ではなく1968年式デラックスとしてキット化されているものです。

まっ、デラックスというほど豪華で贅沢なクルマではありませんが(笑)
それでもスバル360の中では装備もあれこれ追加されていたり
外観もシルバーモールが多かったりホワイトリボン・タイヤだったりと
豪華グレードになっていますね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンボール椅子展の観覧と麺紀行

水曜日(23日)から今日・金曜日(25日)まで群馬県庁で開催されている
「ダンボール椅子展」というものをちょっと覘いてきました。

A180525_10 A180525_01
このダンボール椅子展というのは
前橋工科大学工学部建築学科の2年生の生徒が
ダンボールだけを使って(接着剤も塗料も使わず)作った椅子の展示です。

ですから、有名な工業デザイナーが作ったものでもないですし
これまた有名な芸術家が作ったものでもないですし
工業製品としての機能や耐久信頼性などが保障された量産品でもないですが、
学生ならではの自由な発想があるのかもと思って見に行ったわけです。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

散歩中のちょっとした出来事など

今朝の散歩中の出来事です。動画でご覧ください。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中公新書「倭の五王」を読了

B180430_1
最近、古代日本関連の読書が続いていますが、今回は
中公新書、河内 春人 著の「倭の五王 王位継承と五世紀の東アジア」を読みました。

“倭の五王”と言えば中国史書「宋書」に記された
讃・珍・済・興・武の5人の倭国王のことです。

※なおボクは他の記事では“チャイナ”と書いていて
 “中国”という言葉は極力避けているのですが、
 この記事ではこの本の表記に合わせて“中国”を使います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(68)1/32スバル360第2回日本GP

B180424_2
前回、前々回に続いてまた第2回日本グランプリ仕様のスバル360を作りました。
ただ、今回のはちっぽけな1/32スケールのLS(エルエス)製です。
このキットはLSが倒産した後も有井模型から継続生産されていて
今では子会社のマイクロエースからのが継続販売されているようです。

このエルエス製のスバル360は30年以上前にノーマル仕様のを作りましたが、
変な塗装したためか経年劣化でお肌ボロボロになってしまっています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(5/20)春磐梯オフに参加してきた

昨日のことになりますが、毎年恒例(?)の春磐梯オフに参加してきました。
今回は起点といいますか、集合場所が新潟寄りというか
実際に新潟県内の津川駅(JR磐越西線)でしたので、
関越道で北上して小出ICから下道でR252,R290などを通って行きました。

初めて走るワインディングコースはやっぱり面白いですね。
早朝で空いていたしウェット路面なのでタイヤに優しいのも嬉しかったです。

A180520_13
集合時間には少し余裕があったので
その手前にあった道の駅・みかわ巨木の里にて休憩です。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プラモ製作(67)スバル360 '64日本GP親分車

B180421_1
前作のスバル360第2回日本GPと同じキットをまた作りました。
どちらも同じハセガワの1/24スケールのキットですが
前回のは再販されたもので2017年12月製造の真新しいものだったのに対して
今回のは1997年8月製造と20年以上前のキットという違いがあります。
まぁでも中身は基本的にまったく同じものになってます。

このキットは昔からストックしていたものではなく
数年前にオークションでちょっぴりプレミア価格で落札していたものです。
ですから、再販されたのを知った時は少なからず悔しい思いをしたものですね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入社後のヘンテコ部署の件 その3

前回のこの記事で、30数年前に入社後に配属された
ヘンテコ部署でのトンデモなことの一部を紹介しましたが、
今回はその続きのことを書きたいと思います。

その部署では「モータースポーツ」「シビア」「高速開発」の3つのグループがあり、
ボクはいちおう「高速開発」のグループだったのですが
その他のグループの仕事もかなり手伝わされたことは以前に書きました。
今回はその「高速開発」グループの仕事について書いていきます。

「高速開発」って要は高速で走る車を開発しましょうということですが
競技車両に通じるような技術を先行開発するという意味合いになります。
ただ、「モータースポーツ」「シビア」グループが実践重視というか
「とりあえずやってみる、走ってみる」という側面が強かったのに対して、
もう少し技術者らしく理論的に数値的に捉えようという役割を担わされていましたので、
例えば全日本ラリー優勝車の運動性能計測とかサファリラリー車の冷却性能計測とか
いろいろ雑多なこともたくさんやってました。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バーミヤンのBM級グルメフェスを食べてみた

朝の散歩中、バーミヤンの前を歩いていたら幟旗が気になったので
そのバーミヤンでBM級グルメフェスなるものを食べてきました。

A180518_4 A180518_3
それにしてもここのバーミヤン、いちおう中華料理屋さんのはずなんですが
駐車場の一角には小さな鳥居があって神社のようです。
まぁバーミヤンを建てる前からここにあったのでしょうけどね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(66)スバル360 '64日本GP優勝車

B180418_1
今回製作したのはコレです。
ハセガワの1/24スケールのスバル360の中でも
1964年 第2回日本グランプリ T-Ⅰクラス 優勝車になります。

ボクはこの第2回日本グランプリの当時はまだ2歳にもなってないくらいで
そんなレースがあったこともスバルが勝ったことも知りませんし、
それどころか自動車レースっていうものがあることすら知らなかったはずです。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自動車税と固定資産税は今年も現金納税

B180516_1
昨年のこの記事で来年はnanacoカード+クレジットカード・チャージで
自動車税と固定資産税を払おうかなと書いていたのですが、
結局のところ面倒臭がってnanacoカードを作ることもサボっていたので
今年もまたコンビニで現金一括納税となりました。

軽自動車(小型自動二輪も含む)3台と小型自動車1台、
それに固定資産税が4期分で合計10万円を軽く超える金額は
予め分かっているとはいえ無職・無収入の身には堪えますね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新書「蘇我氏-古代豪族の興亡」を読了

B180425_1
中公新書、倉本 一宏 著の「蘇我氏 -古代豪族の興亡」を読みました。

高校時代は日本史は(世界史も)ほとんど真面目に勉強してませんでしたが、
そこでは蘇我氏は律令国家建設を阻む守旧派のいわば悪役であって
大化改新(乙巳の変)で中大兄皇子と中臣鎌足によって滅ぼされた
というようなことを習ったはずです。

ただ、最近の歴史認識は変わりつつあって蘇我氏は悪役ではなく
むしろ中臣(藤原)鎌足、藤原不比等など藤原家の陰謀説や
日本書紀でそれらを隠蔽し歴史を捏造したという説が有力になりつつあるようです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«久留米ラーメン「玄武門」で麺紀行