ルイルイのリング錠に早くもガタがきた

ルイルイことお買い物用ミニヴェロのルイガノLGS-SBですが
お買い物用だけにリング錠を装着しており、
その取り付けにはひと苦労したことは以前の記事にしました。

そして、その記事の中で最終的に後輪側に取り付けることができたリング錠は
かなり作りがちゃっちいということも書きました。
操作感や作動音が安っぽいとかもありますが
それ以上に剛性感などしっかりした感じがまったくなく
なんだかすぐに壊れちゃいそうだなと思ったものですが、、、

案の定、1年も経たないうちにトラブルが発生してしまいました。

B181118_4

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマーク伊勢崎の上州グルメとポムの樹

A181118_03 A181118_01
スマーク伊勢崎にて「上州グルメ」と題したイベントがあるとのことなので
中身がよく分からないけどとりあえず行ってみることにしました。

6,7店くらいの店が食物の物販をしていました。
お米のすくい取りとか野菜詰め放題などもやってましたけど
その場で何か食べられるようなグルメイベントではありませんでしたorz

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストライダDuoはベルトドライブなのに油ベトベト?

三角形した折り畳み自転車であるストライダは
すごく簡単に折り畳めてその状態で転がして動かせることが最大の特徴ですが、
それとともにベルトドライブになっているので普通のチェーンドライブと違って
折り畳み操作時や転がしたりする時でも手や服装などが
チェーンオイルで汚れないことも良い点のひとつです。

ところが、先日2速仕様のストライダDuoの方に乗った時
ふと気付くとズボンの右足首辺りの裾が黒々と汚れてしまっているではないですか。
あれっと思ってそのストライダのベルトを触ってみるとと
これまた手に真っ黒に汚れた油がべっとり張り付くではないですか。

B181112_1 B181112_3

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第8回ぐんまフランス祭2018

A181116_02
今日から日曜日までの3日間、群馬県庁にて
「第8回 ぐんまフランス祭2018」が開催されています。
フランスにちなんでプジョチャリことプジョーのMTBを
約1年半ぶりに引っ張りだして行ってきました。

このぐんまフランス祭は2013年2015年と行っているので
今回3回目ということになりますね。
昨年は太田市での開催だったようですが情報収集ができずに
スルーしちゃったんですよorz

平日・金曜日の午前中だから空いているかなと期待しましたが
すでに駐車場に入ろうとする車が渋滞を作っているくらいの混みようでした。
やはり自転車で来て正解でしたね。
ただ、駐輪場もかなりいっぱいでしたけど。。。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「女系図でみる驚きの日本史」を読了

B181104_1
新潮新書の「女系図でみる驚きの日本史」大塚 ひかり 著を読みました。

帯に書いてありますが「大事なのは胤(たね)よりも腹だった!」
この文言はなかなか面白いですね。
わざわざ“種”ではなく“胤”の字を使ったのは単に珍しく関心を惹こうとしたから?

そう、ボクは“胤”の字を知らなかったので調べちゃったのですが
“胤”とだけいった場合は「血筋、血縁」ってな意味で
腹と対になる概念じゃないようなんですが、
「子胤」なら精子を示すし「胤違い」なら異父兄弟なので「腹違い」と対になりますからね。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

麺紀行:藤岡市の蕎麦処 鏑屋 響

藤岡市にある「蕎麦処 鏑屋 響(かぶらや ひびき)」へ行ってきました。

実はここ、この時、藤岡歴史館に行った時に
昼飯食べようと目論んでいたお店だったんですが
なかなか見つけられずに断念してしまったんですね。
だから、今回はそのリベンジってことになります。

事前にグーグルマップ、ストリートビューで確認していったのですが……
またまた迷子になってしまいましたorz
どうも藤岡市って昔からよく迷子になってしまうんですよね、ボクは。
どうしてなんでしょう?

って、単純に藤岡市内の道路が東西南北に並んでなくて
いつの間にか曲がっていたりT字路で抜けられなくなってたりするのが
迷子になりやすい理由なんでしょうけどね。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

操安乗業務に突如異動になった理由は?

先日の記事では、排ガス・エバポ業務は1年も経たないうちに
操縦安定性・乗り心地業務への異動となってしまったことを書きました。
今日は、予告通りどうしてそんなすぐに異動になったのかを
当時の状況からボクなりの推察をしてみたいと思います。
といっても何か得体の知れない悪意に満ちた計略にはまったわけでもないので
サスペンス的な面白さがあるわけではないのですけどね。

その前に、一般の人向けに操縦安定性・乗り心地の
研究・開発・実験とは何ぞやということを簡単に書いておきましょう。

操縦性はハンドル操作をしたときドライバーの意思通りに車両が動くかどうか、
安定性は車両に外力が働いた時にそれまでの運動をどれだけ保てるかということです。
必ずしも相反する性能ではないですが両者のバランスをとることも重要で
両方をまとめて操縦安定性、略して操安性といいます。
乗り心地はまぁ説明不要でしょうけど、これも操安性とトレードオフになる部分も多いので
それらをひとまとめにしてひとつの部署が研究・開発・実験していくことになります。
また全部ひっくるめて操安乗り心地とか操安乗(そうあんじょう)とか呼んでましたね。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊勢崎駅前・ぎょうざの満州のその後

先月26日にオープンしたぎょうざの満州・伊勢崎駅前店なんですが
その後2週間ちょっと経ちましたので
もうオープン時の混乱も落ち着いてきているところでしょう。

その後の繁盛状況にも興味がありましたし
焼きそばの味にも興味がありましたので
散歩がてらにどんな状況か行ってみることにしました。

ちょうどランチ時間帯に行ってみたのですが
だいたい席ははんぶんくらい埋まっているかなというところです。
まぁこんなものかなというのがボクの感想なんですが
店側としてはどんな感触なんでしょうかねぇ。
客層としてはシニア世代が多かったようです。

A181112_1

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さかい産業祭&ビジネスマッチングフェア

A181111_01
昨年に引き続き、(第39回)さかい産業祭2018へ行ってきました。
場所は昨年と同じく「境ふれあいパーク』で
自宅から8kmほどの場所なので
お買い物用自転車のルイルイで出かけていきました。

あずま、あかぼり、さかいの3つまとめて「いせさき産業祭」と呼んでいますが
今年ボクが参加するのはこのさかい産業祭だけということになります。
町内会(?)のチラシ配りによって開催案内のチラシが手元にあって
そこに3会場共通の抽選券が付いてましたので
まずは抽選くじでも引いてみるかと並びました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所にオープンしたヒザ屋さんVicinato

先日の記事で、伊勢崎駅周辺に新たにピザ屋さんが出来ていたことを書きました。
その時はもうオープンしたのかまだ開業準備中なのかよく分からなかったのですが
先日通りがかったら店の前に花輪があったので開店したのかなと思ってました。

それでも、昼時でもやってる感じがなかったのですが
本日、散歩がてらに前を通って様子をうかがっていたら
ちょうど開店時間となったようで「OPEN」の看板に切り替わりました。

A181110_1

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎年恒例のカリン酒の仕込みです

今年もカリン酒の仕込みをしました。
昨年はこの時でしたからそれに比べると随分と早い仕込みです。
べつにやる気を出して早めに取り掛かったというわけでもなく
なんか今年は実が生るのも早かったし傷むのも早いようだったので
さっさと酒に漬けちゃおうって思っただけのことですけどね。

それに、2014年2015年などは10月のうちに仕込みしているので
それに比べれば今年は特別に早かったというわけでもないですかね。

A181013_1
今年のカリンの実の収穫はこんな感じになりました。
一見すると大量に実が採れたようにも見えますが、
今年は全体的に小ぶりな実ばかりでしかも傷みが激しかったので
カリン酒作りに使える量としてはあまり多くありませんでした。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺紀行:前橋市の柳麺ととや

前橋市にある「柳麺(らーめん) ととや」へ行ってきました。
ラーメンの漢字の当て字は“拉麺”が多いですけど“老麺”や“柳麺”もあるんですね。
そして、「ととや」はやはり“お魚(とと)屋”ってな意味なんでしょうかね。

A181108_2
自宅からは14kmほどの距離のところにあります。
フー太郎ことキャノンデール・フーリガンで向かいました。
前橋市内といっても市街地ではなくかなり田舎な雰囲気のところにありました。
その割には客の入りは良いようで人気店なんでしょうかね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「誰が天照大神を女神に変えたのか」を読了