新書「友だち幻想」を読了

B180626_1
ちくまプリマー新書の「友だち幻想 人と人の〈つながり〉を考える
菅野 仁 著を読みました。

はじめににも書かれていますが、

「友だち」のことでいままさに悩んでいる、若い読者の皆さんにぜひ読んでほしい
と考えています。もちろん、親御さんや先生方、一般の方にも参考になるように
書いたつもりです。

ここでの若い読者はつまり年頃の中・高校生でしょうから
子供もいない独り身のおっさんが読んでもあまりためにはならないでしょうが
まぁ一般人ということで読んでみました(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FIFAワールドカップ(のTV観戦)も終了

サッカーのワールドカップ2018年ロシア大会も
昨日の決勝戦でフランスが優勝して終わりましたね。

ボクはフランス車オーナーでありますし
「自由・平等・友愛」の精神は大いに共感を持ってますから
おのずと親フランスの気持ちも大きく、
やはりどうしてもフランスを応援してしまいますから
今大会でフランスが優勝して万々歳というところです。

まぁボクもいちおう日本人ですから日本も応援していましたし、
今大会の日本は期待を上回るような大健闘をしたと思います。
サッカーについてはここで何かを語れるほど精通しておりませんが
正直今までの日本のサッカーは観ていて全然面白くなかったのですが
今大会ではひと皮向けた感がありましたね。
でも、最後でガタガタになっちゃうところなどやっぱし弱さを克服できてないし
若手選手があまりいなくて将来的にもどうかなと心配しちゃいましたけどねぇ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎の自動車屋さん、いやバッテリー屋さん?

旧知の知人でホンダ初代インサイトに乗っている某氏が
群馬県太田市にある怪しい(?)自動車屋さんというか
インサイトのハイブリッド用バッテリー専門(?)の
リビリトをやっているところでバッテリー交換するとのことで、
興味本位で同行させていただきました。

いちおうこの記事からの流れなんですけどね。

A180715_4
パソコン修理なんて看板掲げてますが、
昔は確かにパソコン修理やってたそうですが
チマチマやってるのは面白くなくなったので
今はあんまりやってないと店長は言ってました。

いやはや、自由な感じでとっても素敵でした。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いせさき七夕まつりを通覧

今日明日と2日間、地元伊勢崎市では「いせさき七夕まつり」が開かれます。
来月8月には「いせさきまつり」が開催されますし、そちらが夏祭りの本番って感じです。

A180714_3
まぁでもどんなもんかなぁという感じで覘きに行って
ひと通り、まさしくメイン会場の通りをひと歩きしてきました。

特に何かがあるというわけでもなく、
まぁいつもの屋台とかは出ていますし、
去年も似たような感じだったのですけどね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高崎で予測不能なプラネタリウムを観てきた

高崎少年科学館でプラネタリウムを観てきました。
高崎少年科学館はこの時に「世界のおりがみ展」を鑑賞してきた場所です。
というよりも、自宅からだと高経大に行く途中にあるので
ここのところは毎週その前を素通りしていた場所です。

天気も良いので(?)、いやいやとても暑いのですが
サーモン号で汗かきながら走って行きました。
往復で40km弱なのでまぁちょうどいいくらいの距離ですけどね。

A180713_5 A180713_7

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(74)カワサキZZR1400

B180519_1
今回製作したプラモデルはタミヤの1/12オートバイシリーズの
カワサキ(Kawasaki)ZZR1400です。

今は亡き、ケロっぴことカンパーニャT-REX 14RRは
基本的にはこのオートバイを一度ばらしてから
エンジン、ミッション、駆動系、さらにメーターやスイッチ類など電装品を
使って組み立てたトライクですから、
そういう意味もあってこの時に買ったのがこのキットでした。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高経大リレー講義(5)&竜庵の蕎麦

高崎経済大学、略称・高経大のリレー講義にまたまた行ってきました。
先週先々週と3週たて続けにリレー講義を聴きにいっていますが
なにもルーチン化したり全部聴こうなんて考えているわけではなく
たまたま興味ありそうなのが3週続いたというだけのことです。

本日のお題は「ドイツの戦後政治と日本-ドイツの戦後リーダーに学ぶ」です。
講師は三井物産OBの萩原 一夫氏です。
萩原氏はベルリンの壁崩壊前にドイツに赴任していた経験がありますが
ドイツの政治については三井物産時代の仕事とは無関係であって
萩原氏の興味から研究しているもをまとめているというもののようです。

新聞などにも投稿しているみたいですので
ジャーナリスト的な活動もしているのかもしれません。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「卑弥呼以前の倭国五○○年」を読了

B180621_1
PHP新書「卑弥呼以前の倭国五○○年 銅鐸、明刀銭、多鈕鏡をめぐって
大平 裕 著を読みました。

あとがきにも書いてありますが、
現在日本の古代史は、どの年表を見ても『魏志倭人伝』のとりあげた卑弥呼一人が
浮き彫りとなっているだけで本来あるべきわが国古代社会の本当の姿が見えてこない。
ということから、そこに焦点をあてて書かれているのが本書になります。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル360が置いてある「らーめんともや」

「らーめんともや」と言えばフランチャイズ・チェーン店で
どこにいってもあるようなイメージですし
実際に伊勢崎市内でも3店舗くらいあるみたいなのですが、
群馬県内だけの展開なんですかね。
少なくとも全国チェーンではないでしょうけど。

群馬県ではあちこちでみかける「らーめんともや」ですが
あまり行った覚えがないというか、おそらく
いつでもどこでも食べられそうだからわざわざ行こうと思わないとか
まぁチェーン店だからそれほどこだわりの味でもないだろうとか
そんな意識が働いて行ったことがないんだと思います。

それでもちょっとしたきっかけがあれば行ってみようと思うわけです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散歩中でもヒヤリハットさせられた動画集

一ヶ月ほど前の記事で自転車乗車時にヒヤリハットした動画集を
編集&アップロードしたことを書きましたが、
車が偉いと勘違いしているドライバーが格段に多い群馬県では
自転車だけでなく歩行者に対しても同様に容赦なく
散歩してたりしてもしょっちゅうヒヤリハットやイラッとさせられることがあります。

今日はそんな場面の動画を集めてみたのを紹介します。
ヒヤリハットというより実際に撥ねられているのもありますが……

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レガシィ10万km速度記録の真記憶

前回、途中までしか書けませんでしたので今日はその続きです。
本番でのトピックスを思い出して書いてみます。

アリゾナ州フェニックス周辺は避寒地になるほど
冬場でもあまり寒くならない地域と言われてますが、
(その分、夏場は灼熱となるそうでだからこそそこにテストコースが造られたんですが)
夜は予想外に気温が下がり、
エンジンの吸入空気も下がってガソリンが気化しにくくなり
エンジン内部でも液体のままのガソリンがシリンダー壁面に付着し
それがエンジンオイルに混入するというオイルダイリューションが発生してしまいました。

というのは、記録達成のドキュメンタリー番組でも放送されてましたし
今でもダイジェスト版などをYouTubeでも見ることができる内容です。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「なぜ地形と地理がわかると古代史がこんなに面白くなるのか」を読了

B180609_4
洋泉社の歴史新書「なぜ地形と地理がわかると古代史がこんなに面白くなるのか」
千田 稔 著を読みました。
うーん、長いタイトルだ(笑)

日本列島に人類が到来したあたりから平安時代までの
日本史のトピックスの50項目について
それらの舞台・背景となる地形・地理をもちいて
Q&A形式で解説をしているのがこの本のスタイルになります。

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«高崎経済大学リレー講義(4)&茶そば