ココログの不具合により表示に支障が出ています

【この記事はしばらく間ブログの最上位に表示されます】

2019年3月19日に実施されたniftyのココログの全面リニューアルに伴い
表示、特に画像の表示が当初の設定や意図とは反して見苦しい状態となっています。
読者の皆さんにはご迷惑をおかけして大変申しわけありませんが
復旧までしばらくお待ちいただくようお願いいたします。

» 続きを読む

| | コメント (0)

昔は退職者への大規模餞別(せんべつ)が常識でした

サラリーマン時代、30数年前に入社した当時の職場では、
これも会社によってや部門によってそれぞれ違いがあるのでしょうけど
退職者に対して組織的に餞別の集金が行われるのが普通でした。

そして当時は終身雇用が当たり前の時代でしたから
退職者のほとんどは定年退職者ということでしたが、
たまに入社数年くらいの人が(キャリアアップ?収入アップ?)転職で退職する場合は
餞別の集金禁止の通達なんかが出まわったりしてましたが。。。

表になった紙が回覧されてきて氏名と金額もしくは口数、
そして贈る言葉をひとこと添えるというスタイルです。
ひと口300円とか500円とかだったでしょうか。
係や課という単位ではなく部わも超えて
部門全体くらいに大々的に集金されてましたね。

ですから、多い人だと数100人くらいから餞別を貰うことになりますから
総額としては数10万円にものぼる計算になりますね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊香保ペヤング祭りを断念して家で「かきあげ味」を食す

「伊香保温泉ペヤング祭り」なるものが今月いっぱいまでで
開催されているというので期限も迫ってきていることもあり
とりあえず行ってみることにしました。

まるか食品のペヤングは地元・伊勢崎市の企業ですから応援したいですし、
ペヤングのカップ焼きそばも好きですけど、
伊香保温泉ペヤング祭りってちょっとSNS映え狙いが露骨すぎて
どうなのかな~という思いがありなかなか行く気になりませんでした。

それに冬季は伊香保周辺は降雪もありますから
スタッドレスタイヤを持たない身としては不安も伴いますが、
ここのところの陽気でその心配も不要でしょう。

ということで、モタックスことヤマハWR250Xで出撃することに。
モタックスは約1年半ぶりに乗りましたorz

» 続きを読む

| | コメント (2)

新書「日本プラモデル六〇年史」を読了

B190226_1
文春新書の「日本プラモデル六〇年史」小林昇著を読み終えました。
プラモデル関連としては以前にこちらの「田宮模型の仕事」という
現タミヤ会長兼社長の田宮俊作氏の著した本を読みました。

そしてその本の編集にも携わっていたのが
今回紹介する本の著者である小林昇氏であるそうです。
この方は出版社勤務をしていたフリーランスのライターということで
特に模型業界で働いていたとかではないようですが
プラモデルに関するような本の編集には他にも幾つか携わってきているようです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリプル炭水化物

※まだまだココログの不具合からの復旧が進んでないようで
 不安定な状態が続いています。
 また、過去の記事の拡大画像が表示されないのですが
 なんとなくこれは全て自力でチマチマと対処せよって感じもあり
 冗談じゃないよ!ってなところなのですが。

 昨日の記事の縦長画像もクリックして別タブで拡大表示にすると
 Chromeだと90゜転んで表示されちゃうんですよね。
 IEだと大丈夫なんですが。何故でしょう???

というわけで、なかなか通常営業に戻りませんが
愚痴をいっていても読者の方には関係ないことですので、、、
ちょっと軽い記事を書いてみます。

上毛新聞のWebで見かけたこの記事についてです。
ニュースのタイトルは「丸ごと地産『焼きそば』 太田」です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

田中達也のミニチュア展と蕎麦処つゆ下梅の花

※昨日からのココログの仕様変更により未だに
 記事投稿が思うようにできなくなっています。
 特に画像の表示が滅茶苦茶で見にくい状態です。
 ご迷惑をおかけしますがご容赦おねがいします。

Mi_000 
高崎高島屋で今日から4月1日まで開催されている
「MINIATURE LIFE展 ~田中達也 見立ての世界~」
というイベントを観に行ってきました。

田中達也という人の名前は知っていませんでしたが
なんとなくあぁあの人のことねと想定できるくらいでした。
NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックに
使われていたので知っている方も多いのでしょう。
ボクはドラマは観ないのですが……

» 続きを読む

| | コメント (6)

荻野吟子生誕の地 と あさり黒焼そば

今日はちょいとあてもなくポタリングしてきました。
風もない穏やかな天気だったので内装3段のコメットさんでもいいだろうと
広瀬川サイクリングロード→利根川サイクリングロードを通って
片道30kmほどの刀水橋(とうすいばし)まで行ってみることに。

 

でも、刀水橋まで着いたらもう少し先まで行けるかなぁ
なんて気になってしまって
そのままの勢いで利根大堰まで行っちゃおうかなと。

 

ところが、なんだか「ヒー、ヒー」ってな異音が聞こえてきだしました。
いつも鳴っているわけではなく、
一定間隔で鳴るわけもなく、
特定の条件で鳴るようでもなく、
うーん、よく分からないんですけど
おそらくBB(ボトム・ブラケット)辺りから発しているようなんですけどね。

» 続きを読む

| | コメント (0)

マルキン本舗の濃厚カニ味噌ラーメン

A190318_2 
高崎市にある「百年味噌ラーメン マルキン本舗 高崎店」へ麺紀行してきました。
高崎市といっても伊勢崎寄りの高崎IC付近なので
自宅から15kmくらいのところです。
たまには稼働させましょうということでプジョチャリで出撃しました。

フリーペーパーのクーポン券があったことと
3月20日までの期間限定メニューが気になっていたので
この店に行ってみようと思ったのです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさらだけど地震対策で落下抑制テープを貼った

3.11東日本大震災の時には本棚などは地震対策として固定してあったので
倒壊するような大被害は免れましたが、
このように本棚の本などが落下してミニカーなどを破損してしまいました。
それだけではなく部屋の中が足の踏み場もなくなるくらい散乱状態となり
もしも夜間で避難を要するような場合には支障がでるかもしれません。
そもそも、下手したら落下してきた本で頭などを打つかもしれない
という位置にベッドが置いてあったので危ない状態でした。

もっとも狭いアパートの部屋なのである程度は仕方なくそのような配置にしていたし、
だからこそ本棚本体ごと下敷きになるのは最悪なので倒壊対策だけはしていたのですが。

今は空き部屋があるくらい余裕の間取りの家に住んでますから
寝室には倒れてくるような棚などの家具はいっさいありませんし、
本棚がある部屋(書斎&模型部屋)でも本が落ちてきそうな場所には
基本的に壊れて困るようなものは置かないようにしていますし
万が一、本が散らかっても部屋の出口の方向には
逃げ道が確保できるような配置にはしてあります。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新書「トラクターの世界史」を読了

B190224_1
中公新書の「トラクターの世界史 人類の歴史を変えた『鉄の馬』たち
藤原辰史著を読み終えました。

ボクは農業に従事したこともお手伝いしたこともないですし
子供のころに農業していた家の友達などもいなかったので
トラクターもほとんど馴染みがなかったですし
子供のころもそして今でも特にトラクターには興味はありません。

ただ、自動車と同じく車輪モノですし乗り物ですし機械モノですから
そういう点ではいくばくかの興味はありますし
その歴史がどうなのかくらい把握してみるのも面白いかなと思い
読んでみることにしたわけです。

» 続きを読む

| | コメント (6) | トラックバック (0)

岩宿博物館とらーめん龍生

A190315_01
群馬県みどり市にある「岩宿博物館」へ行ってきました。
ここは昔からよく行っている模型屋の「あざみ模型」のすぐ近くにあって
この前の道も何十回、いや100回以上も通っているところなのですが
今回初めて館内に入ることになりました。

自宅からは15kmほどのところなのですが
当然ながらあざみ模型にもハシゴするつもりなので
プラモデルを買っても荷物に困らないようにルイルイ号での出撃です。

そんな今まで素通りしていた岩宿博物館にどうして行く気になったかと言えば、
「地中からのメッセージ」という企画展が
今週末まで開催されていることもありますが、
この前にコノドント館に行った時にみどり市内の施設の割引券がもらえて
その期限が今月末までだったので、、、というせこい理由なのでした(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(91)ランボ・ガヤルド・ポリーツィア

B190127_4
フジミ模型(FUJIMI)の1/24リアルスポーツカー・シリーズNo.17の
ランボルギーニ・ガヤルド・ポリーツィア
(LAMBORGHINI GALLARDO Polizia)を作りました。

フジミ模型では「ポリス」ってな表記になってますけど
Poliziaって書いてるんだから英語じゃなくてイタリア語っぽく「ポリーツィア」でしょ。

イタリア警察は国家警察の中の交通警察であるPolizia Stradaleだけでなく
国家憲兵であるCarabinieri(カラビニエリ)などもあって複雑です。
フォレスターなどのスバル車もなぜかけっこうな台数の
Polizia仕様やCarabinieri仕様があったのですが
さすがにプラモデルのキット化はされてませんね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ペヤング・パクチーレモン焼きそば&ラーメン